HOME » セミナー・研修を探す » 【管理職向け】しなやかな組織で看護...

【管理職向け】しなやかな組織で看護業務の改善をめざす! ―排泄ケアからのアプローチ―

こちらのセミナーは、申込受付を終了いたしました。
対象 看護師
分野 リーダーシップ・人材育成、業務改善、臨床看護
開催日時
会場
2017年02月04日 (土) 開始:13:00 | 終了:16:20 | 開場:00:00
会場名:株式会社 エス・エム・エス 本社
住所: 東京都 港区芝公園2-11-1 住友不動産芝公園タワー[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 横浜総合病院 副院長・看護部長
桃田 寿津代 先生

ユニ・チャーム株式会社 高齢者ケアイノベーション開発グループ
山元 ひろみ 先生
定員40名
主催 株式会社エス・エム・エス(ナース専科セミナー)
受講料 5,000円
※資料代を含む
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=47447

◆セミナー概要◆

2018年には診療報酬・介護報酬のダブル改定が行われます。
変化の荒波のなかで、患者さんのQOLを上げつつ、看護の質を落とすことなく対応し、かつ業務効率を上げ負担を減らしたい。これはすべての看護管理者の願いです。
そのためには、まず変化に対して柔軟でしなやかな組織であること、一丸となってよりよい看護をめざすマインドが形成されていることが大切です。

本セミナーでは、このような組織づくりにあたり、看護管理職に求められる姿勢と視座の置き方、組織づくりのコツを紹介するとともに、排泄ケアからのアプローチを通して、明日から取り組める業務改善の例、役立つ知識を紹介していきます。

◆プログラム◆

【講演1】変化に対応できる強くしなやかな組織づくり 13:00~14:00

講師:桃田 寿津代 先生
(横浜総合病院 副院長・看護部長)

・組織を上下・横に強固につなげる看護管理職の求心力の高め方
・価値観や世代が異なるスタッフの束ね方、切磋琢磨しあう成長機会のつくり方
・やる気を引き出し新しいことにチャレンジする風土のつくり方


【講演2】事例紹介――排泄ケアから始まる業務改善 14:10~14:40

・排泄ケアの見直しをきっかけに組織がいきいきと活性化したケース
・ケアの質向上&業務負担の軽減とともに、他職種連携ができたケース など


【講演3】医療現場の排泄ケアを支える取り組みとサポートサービスとおむつの最新情報 14:40~15:00

講師:山元 ひろみ 先生
(ユニ・チャーム株式会社 高齢者ケアイノベーション開発グループ)


【講演4】排泄ケアへの専門的視点 15:10~16:10

・業務改善に役立つおむつの選択基準
・リスクファクターから考えるスキンケア用具の選択基準
・組織のなかでの専門職の有効な活かし方


【質疑応答】16:10~16:20


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※講義中休憩は適宜はいります
※講義内容は予告なく変更する場合があります

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★こんな方におススメ

・組織づくりに関心のある看護管理職の方
・業務改善に関心のある看護管理職の方
・排泄ケアに問題を感じている看護管理職の方

受講するとココが強くなる!

・看護管理職として組織をまとめる力がつく
・チャレンジ精神のある組織づくりに強くなる
・業務改善にいますぐ着手できる

講師紹介

横浜総合病院 副院長・看護部長
桃田 寿津代 先生

神奈川県看護部長会 会長
神奈川県看護協会 副会長
桐蔭横浜大学 講師
日本看護職副院長連絡協議会 会長


ユニ・チャーム株式会社 高齢者ケアイノベーション開発グループ
山元 ひろみ 先生

看護師、保健師、介護支援専門員、排泄機能指導士。
学会での多数の研究発表をはじめ、『高齢者と家族のためのはじめての排泄ケア』(冬幻社)など著書・共著も多数

申込はこちらから

こちらのセミナーは、申込受付を終了いたしました。
お探しのセミナーが見つからない方はこちら