HOME » セミナー・研修を探す » 見てわかる!急性期病棟における術後...

見てわかる!急性期病棟における術後ドレーン管理のアセスメント~名古屋会場~

対象 看護師、その他
分野 臨床看護その他
開催日時
会場
2017年04月22日 (土) 開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:30
会場名:名古屋国際会議場 2号館2階 会議室221
住所: 愛知県 名古屋市熱田区熱田西町1-1 名古屋国際会議場 2号館2階 会議室221[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 藤田保健衛生大学病院 中央診療部 FNP室・診療看護師
塩沢 剣 先生
定員60名
主催 株式会社gene
受講料 12,500円
(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

【キャンペン対象セミナー】
詳細は下記キャンペーンのご案内をご覧ください。
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=47687

ねらい

疾患や術式ごとに、以下のドレーン管理がわかる。
[1]ドレーン管理の基礎といえる、ドレーン挿入の目的、ドレーンの種類、ドレーンの挿入位置がわかる。
[2]ドレーン留置から抜去までに注意しなければならない、排液の性状・量の変化
   バイタルサインの変化、合併症の徴候がわかる。
[3]ドレーン抜去のタイミングがわかる

講義概要

ドレーン挿入中の患者に関わることは少なからずストレスを感じるという方は
少なくないのではないでしょうか。
それが、手術当日の受け持ち、翌日のリハビリ介入となれば尚更ではないでしょうか。

私は看護師としてこれまでに心臓血管外科・呼吸器外科でドレーン挿入中の患者に関わってきました。
現在は診療看護師となり、心臓血管外科・呼吸器外科・消化器外科・ICUで、手術助手やドレーンの挿入、術後の患者管理を行っています。
実際にドレーンを挿入したり、手術でドレーンを留置する場面に携わることで、術後のドレーン管理に
必要な“異常”がイメージできるようになりました。
また、これまでの看護の視点に医師側の視点が加わり、術後のドレーン管理を行うことができています。

そこで、循環器・呼吸器・消化器の分野で、見てわかるをテーマにドレーン管理のアセスメントに必要な、
[1]ドレーン管理の基礎(ドレーン挿入の目的、ドレーンの種類、挿入位置)
[2]ドレーン留置から抜去までに注意しなければならない排液・バイタルサインの変化、合併症の徴候
[3]ドレーン抜去のタイミング
を、疾患や術式に絡め、かつ多くの写真を用いることで視覚的に伝えたいと考えています。

プログラム

◆午前
 循環器のドレーン管理
 呼吸器のドレーン管理

◆午後
 消化器のドレーン管理
 ケース・スタディ


※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

*・。*・。*・。スペシャルプライスのご案内 ・。*・。*・。*・。

47687弊社ナースセミナーへ「3名以上」のグループでお申込いただくと
通常の受講料12,500円(税込)のところ、お一人様 受講料10,000円(税込)にて
ご参加いただけます。

詳細はこちらをご覧ください。

≪お申込方法≫
2名以上の同行者の氏名、および、質問欄に「キャンペーン申込」とご入力ください。


※ご注意※
・キャンセルにより2名以下となった場合は、キャンペーン対象外となります。
・既にお申込済みのセミナーにつきましては、ご同行者様2名以上を
 ご紹介いただくことでキャンペーンの対象となります。
・他の割引制度とは併用できません。

その他、ご不明な点がございましたらお気軽に株式会社gene(0120-300-979)までお問合せ下さい。

講師紹介

藤田保健衛生大学病院 中央診療部 FNP室・診療看護師
塩沢 剣 先生

申込はこちらから

このセミナーは終了しています。
お探しのセミナーが見つからない方はこちら