HOME » セミナー・研修を探す » フィジカルアセスメントの実践

フィジカルアセスメントの実践

フィジカルアセスメントを行うためのフィジカルイグザミネーションの基本技術を身に付けよう  ~呼吸器系、心臓・循環系、腹部・消化器系~
対象 看護師、介護職、保健師、理学療法士、その他
分野 臨床看護、診療・診察技術、ICU、臨床看護その他
開催日時
会場
2017年05月21日 (日) 開始:09:30 | 終了:16:30 | 開場:09:10
会場名:エッサム神田ホール2号館
住所: 東京都 東京都千代田区内神田3-24-5 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
2017年07月08日 (土) 開始:09:30 | 終了:16:30 | 開場:09:10
会場名:大阪私立学校会館
住所: 大阪府 大阪府大阪市 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 東京医療保健大学医療保健学部看護学科教授(基礎看護学領
横山美樹
定員100名
主催 株式会社医学出版
受講料 18,000円
1名 18,000円 (お弁当・講義資料・税込)・3~5名 17,000円・6名様以上 16,000円
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=48156

講義概要

看護師にとって、対象の身体状態を判断するための「フィジカルアセスメント」は欠かせないものです。特に内科系、外科系のどちらにおいても基本となる呼吸器系のフィジカルアセスメントや腹部・消化器系のフィジカルアセスメントは、非常によく行うものだと思います。
 フィジカルアセスメントを行うためには、その根拠となる情報が正確かつ的確なものであることが重要ですが、身体に関しての客観的情報をとる技術が「フィジカルイグザミネーション」技術となります。この中には視診、触診、打診、聴診という4つの技術が含まれ、すでに看護師の皆さんは臨床で使われているかとは思いますが、たとえば打診の技術を日々活用している看護師はどれくらいいらっしゃるでしょうか?打診は慣れれば簡単ですが、打診音が出るためにはある程度の練習と実践が必要です。そして打診ができれば、対象の患者様には負担をかけることなく、看護師にとって非常に有効な情報が簡単に得ることができます。
 フィジカルアセスメントは、この10年ほどの間に、日本の看護基礎教育にも導入されるようになってきたので、看護基礎教育で学ばれた方も多いと思います。ただし他の看護技術同様、「技術」=「ツール」ですので活用するためには、正しい技術を身に付け、そして熟練することが求められます。
 今回の研修会では、講義だけでなく演習を行い、翌日からの臨床の現場ですぐに使っていただけるようにということを主眼としています。打診はちょっとしたコツがありますので、それができれば打診を活用できるようになります。演習を通して一人一人の受講者の方の技術の確認とアドバイスをしたいと思います。この研修会を通してフィジカルイグザミネーションの基本の技術と、呼吸器系、循環系、腹部・消化器系のフィジカルアセスメントの基本についてあらためて復習し、日々の看護に役立てていただければ幸いです。

セミナーの到達目標

②セミナーの到達目標
 1.フィジカルイグザミネーションの基本技術(視診、触診、打診、聴診)について、目的、
正しい方法を理解し、実践できる。
 2.呼吸器系のフィジカルアセスメントの意義、目的を理解し、基本的なフィジカルイグザ
ミネーション技術を習得する。
 3.心臓・循環系のフィジカルアセスメントの意義、目的を理解し、頸部の血管、末梢
循環系のフィジカルイグザミネーション技術を習得する。
 4.腹部・消化器系のフィジカルアセスメントの意義、目的を理解し、基本的なフィジカル
イグザミネーション技術を習得する。

③講師からのメッセージ
 東京医療保健大学医療保健学部看護学科 基礎看護学領域の横山美樹です。
私は約20年前から看護基礎教育におけるフィジカルアセスメント教育に携わっております。聖路加看護大学の基礎看護学領域の教員として、新カリキュラム導入にあたり基礎看護学でフィジカルアセスメントの科目を立ち上げることになりその担当となりました。当時はまだ日本の看護基礎教育においてフィジカルアセスメントの教育は行われておらず、私自身も手探りで米国のテキストを見たり、医師によるフィジカルアセスメントの研修会に参加する等で、自分自身の知識、技術を獲得しながらフィジカルアセスメントの教育を続けてきました。
 2009年度からの新カリキュラムにおいては「フィジカルアセスメント技術は、看護師に欠かせない能力として教育内容に含める」と明記され、多くの看護学校や大学で教育されるようになりました。しかしながらその内容、時間数等は、それぞれの教育機関によって違いがあり、また看護師になってからのフィジカルアセスメントの活用も個々人の看護師によって様々だと思います。ますます高度複雑化する医療現場において、看護師が的確なフィジカルアセスメントを行うことは、専門職として必須の能力であり、特に在宅看護等でも求められるものです。今回は基本的な技術を習得し、明日からの医療現場で使えるようにと演習を重視した内容で企画しました。皆様のご参加をお待ちしております。
 

【プログラム(時間配分含む)】

【プログラム(時間配分含む)】
・9:30~10:00  :1.フィジカルアセスメントについての概論
2.フィジカルイグザミネーションの基本技術(視診、触診、打診、聴診)
・10:00~10:30  :3.呼吸器系のフィジカルアセスメント
         1)呼吸を観察する意義、視診のポイント
          < 10分休憩 >
・10:40~11:20  :2)呼吸器系のフィジカルイグザミネーションの実際(講義)
         :触診、打診、聴診
          < 10分休憩 >
・11:30~12:10  :  呼吸器系のフィジカルイグザミネーションの実際:演習
            患者役、看護師役になり背部からのフィジカルイグザミネーション 
          < 1時間昼休み休憩 >
・13:10~14:10 :4.心臓・循環系のフィジカルアセスメント (講義)
          1)心臓、血管系の基本、頸部の血管の特徴
          2)末梢循環系のアセスメント(視診、触診)
          3)頸動脈の触診、頸静脈圧測定
          4)心臓のアセスメント:視診、触診、心音の聴診(ポイントのみ)
          <  10分休憩  >
・14:20~15:00 : 5)循環系のフィジカルアセスメントの実際(演習)
        :末梢循環系のアセスメント、頸部のアセスメント
          < 10分休憩   >

・15:10~15:45 :5.腹部・消化器系のフィジカルアセスメント (講義)
        :腹部の視診、聴診、打診、触診
 15:45~16:20  :腹部・消化器系のフィジカルアセスメントの実際(演習)
   
          最後10分でまとめ、質問対応 
   
当日持参物・服装案内書

当日の持参物と服装についてご案内です。
セミナーは実技演習が含まれた 当日の持参物と服装についてご案内です。
◎当日お持ちいただくもの 当日お持ちいただくもの
①受講票 (受講票には記入欄がございます。予めの上付でお持ちください。)

②筆記用具
③バスタオル
④聴診器(演習に必要です。必ずお持ちください。)
⑤定規( 15cm15cm 程度のも) 程度のも) 程度のもの。)

※昼食は弊社にてお弁当をご用意しております
◎服装について 服装について
○呼吸器系のフィジカルイグザミネーション演習
①背部を露出していただきますので(まくりやすい)服装でお願し。

②頸動脈、 静のアセスメントも行いますで頸動脈、 静のアセスメントも行いますで頸動脈、 静のアセスメントも行いますで頸動脈、 静のアセスメントも行いますで頸動脈、 静のアセスメントも行いますで頸動脈、 静のアセスメントも行いますで頸動脈、 静のアセスメントも行いますで頸動脈、 静のアセスメントも行いますで頸動脈、 静のアセスメントも行いますで頸動脈、 静のアセスメントも行いますで頸動脈、
静のアセスメントも行いますで頸回りのできるだけあいた服装お願します。

○腹部、心臓循環系のフィジカルイグザミネーション演習
①前胸部、腹を露出していただきます。 前胸部、腹を露出していただきます。 前胸部、腹を露出していただきます。
前胸部、腹を露出していただきます。 前胸部、腹を露出していただきます。
②その他部位はバスタオルで覆って演習します。

◎着替えについて ◎着替えについて
演習時にはパーテションを男女間と入り口付近配置いたしますが、更衣室等の準 演習時にはパーテションを男女間と入り口付近配置いたしますが、
予め演習に適した服装でお越いだくか、あるは容易着脱可能な予め演習に適した服装でお越いだきます。
どうぞよろしくお願いたます。

講師紹介

東京医療保健大学医療保健学部看護学科教授(基礎看護学領
横山美樹

東京医療保健大学医療保健学部看護学科教授(基礎看護学領

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 フィジカルアセスメントの実践
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
代表者氏名ふりがな
参加代表者のお名前ふりがなをご記入ください
ニックネーム
※サイト内の呼称に使用いたします。(10文字以内)
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数
※半角数字でご記載ください
性別 男性女性
年齢
日中ご連絡先
例)03-xxxx-xxxx
携帯電話番号
例)090-xxxx-xxxx
診療科目
同行者氏名
※1人1行でご記載ください
同行者の役職もご記入ください
同行者かな
※1人1行でご記載ください
勤務先名称
勤務先住所 -

都道府県


市区町村以下
勤務先電話番号
例)03-xxxx-xxxx
勤務先FAX
例)03-xxxx-xxxx
部署名
自宅住所 -

自宅電話番号
経験年数
希望する会場を選択してください
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら