HOME » セミナー・研修を探す » 2018年同時改定と老健施設経営シ...

2018年同時改定と老健施設経営シンポジウム

社会保障財源確保の受難時代に予想される従来型老健施設の基本報酬の更なる引き下げの可能性にどう対応するか!! 24時間の地域包括ケア推進の切り札として期待される小多機、看多機、定巡と新型多機能サービスの新規事業化とは!! 急性期・回復期・生活期リハの抜本見直しで求められるアウトカム重視の老健施設のリハビリとは!! 地域包括ケア深化・推進の大改定をチャンスにする老健施設の新経営戦略 ~病院の早期退院支援促進のチャンスを生かした老健施設のリハビリ拡充強化と 効果的な自立支援、在宅復帰・在宅療養支援の推進で築く老健施設の本来機能と地域包括ケア戦略~
分野 リーダーシップ・人材育成、業務改善、居宅系サービス、介護・施設経営その他
開催日時
会場
2017年04月22日 (土) 開始:13:00 | 終了:17:30 | 開場:00:00
会場名:ベルサール御成門
住所: 東京都 港区新橋6-17-21 03‐3578‐7072[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 公益社団法人 全国老人保健施設協会 会長
東 憲太郎 氏

社会福祉法人 ノテ福祉会 理事長 つしま医療福祉グループ 代表
対馬 徳昭 氏
定員200名
主催 保健・医療・福祉サービス研究会
受講料 19,440円
HMS会員   12,960円(法人・個人会員)
   〃     12,960円(会報誌購読会員)
   〃     12,960円(メール会員)
一   般   19,440円
※参加料には、資料・コーヒー代を含みます。
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=48563

プログラム

13:00~14:10

Ⅰ. 2018年同時改定の展望と18年以降の老健施設の経営戦略

~急がれるリハビリ(入所・通所・訪問リハ)並びに在宅復帰・在宅療養支援の強化と
       介護人材不足時代の老健施設の人事(高齢者・障害者・外国人雇用)戦略~

公益社団法人全国老人保健施設協会 会長
社会保障審議会介護給付費分科会委員
東 憲太郎 氏

14:10~15:00

Ⅱ. 老健施設の機能を生かしたアセスメント入所の成果と
  地域包括ケア推進に期待される新型多機能サービス(仮称)の創設

~小多機・看多機・定巡、新型多機能サービス創設後の事業化で
         老健施設の在宅復帰・在宅療養支援機能強化の取り組みとは~

つしま医療福祉グループ 代表・一億総活躍国民会議 民間議員
対馬 徳昭 氏

15:10~17:30

Ⅲ.シンポジウム

座長
地域包括ケア研究会座長・医療介護総合確保促進会議座長
社会保障審議会介護給付費分科会会長・慶應義塾大学 名誉教授
田 中  滋 氏

「2018年同時改定における老健施設の重点施策と
  アウトカム重視で拡充が期待される老健施設のリハビリを探る」

~急性期・回復期・生活期リハの抜本見直しで
           どう変わる老健施設のリハビリの提供体制~


医療法人社団東北福祉会 介護老人保健施設せんだんの丘 施設長
土井 勝幸 氏

公益社団法人日本医師会常任理事・
社会保障審議会介護保険部会・介護給付費分科会委員
鈴木 邦彦 氏

公益社団法人全国老人保健施設協会 会長
社会保障審議会介護給付費分科会委員
東 憲太郎 氏

つしま医療福祉グループ 代表・一億総活躍国民会議 民間議員
対馬 徳昭 氏

参加のご案内

2017年の新春を迎え、中医協や介護給付費分科会ではいよいよ2025年改革シナリオのターニングポイントである2018年診療・介護報酬同時改定の議論が、急ピッチで進められます。しかし、安倍政権 では、増え続ける政府債務残高に対応すべく、2020年のプライマリーバランス黒字化に向けて、経済・財政の一体改革工程表に沿って社会保障費給付抑制を本丸とする歳出削減を進めております。特に今回、消費税増税先送りにより、改定における財源不足が指摘されております。このように厳しい改定の中で、老健施設においては、過去一貫して行われている在宅復帰・在宅療養支援機能の強化策がさらに進められ、従来型老健施設の基本報酬のさらなる引き下げが心配されます。18年同時改定では前回に続き急性期から生活期リハビリの見直しがなされ、老健施設のリハ機能の拡充強化が焦点となることが予想されます。本シンポジウムでは、2018年同時改定をズバリ展望いただくと共に、老健施設の機能を生かしたアセスメント入所の取り組みや18年同時改定で創設が期待される新型多機能サービス(仮称)の事業化について解説。シンポジウムでは18年改定でアウトカムが求められる老健施設のリハビリの拡充強化策について大いに討論いただきます。どうぞ、老健施設の将来と新たな経営戦略を考えられる皆様方多数のご参加をお待ち申し上げます。

お知らせ

※セミナー参加のキャンセルにつきまして
セミナーお申込み後のキャンセル受付につきましては、
セミナー開催日の8日前迄とさせていただきます。

セミナー開催日の7日前以降のキャンセルやセミナーの当日欠席につきましては、
CD受講(カラー印刷資料付)への切り替えとなります。
キャンセルされる場合は、くれぐれも開催日の8日前迄に手続きをお願い致します。

================================================

参加人数が催行に満たない場合はセミナー開催が中止となることがあります。
その場合はセミナー開催日の10日前迄にご連絡させていただきます。
(パック旅券等の保証は致しかねます。予めご了承ください。)

講師紹介

48563
公益社団法人 全国老人保健施設協会 会長
東 憲太郎 氏

【プロフィール】

<最終学歴> 
三重大学医学部卒業

<職  歴> 
昭和55年3月 三重大学医学部卒業
昭和55年7月 三重大学医学部附属病院 胸部外科入局
平成元年5月 有床診療所千里クリニック開業
平成3 年5月 医療法人緑の風設立 理事長に就任
平成9 年5月 介護老人保健施設いこいの森設立 施設長に就任
平成12年5月 グループホームくつろぎの家開設
居宅介護支援事業所虹開設

平成17年6月~平成21年6月
全国老人保健施設協会 常務理事に就任

平成24年4月~現在
三重県老人保健施設協会 会長
    
平成24年4月~現在
全国老人保健施設協会 三重県支部長に就任
     
平成24年4月~現在
全国老人保健施設協会 東海・北陸ブロック長に就任
     
平成24年6月~平成26年6月
全国老人保健施設協会 副会長に就任
     
平成26年6月~現在
全国老人保健施設協会 会長に就任

<そ の 他>
・三重大学医学部 非常勤講師
・高知大学医学部 非常勤講師
・厚生労働省社会保障審議会 介護給付費分科会 委員(平成25年4月~現在)


48563
社会福祉法人 ノテ福祉会 理事長 つしま医療福祉グループ 代表
対馬 徳昭 氏

【プロフィール】
1983 年 社会福祉法人札幌栄寿会(現 社会福祉法人ノテ福祉会)設立し、事務局長に就任。札幌市に特別養護老人ホーム幸栄の里を開設。
1988年 社会福祉法人ノテ福祉会 理事長就任
1993年 学校法人つしま記念学園(現 学校法人日本医療大学)設立
2000年 財団法人老齢健康科学研究財団(現 一般財団法人つしま医療福祉研究財団)会長就任
他 公益財団法人介護労働安定センター 理事、一般社団法人日本認知症ケア学会 評議員、社会福祉法人の在り方等に関する検討会(厚生労働省) 構成員、社会保障審議会臨時委員(福祉部会)等を併任。

社会保障審議会介護給付費分科会 会長
慶應義塾大学 名誉教授
田中 滋 氏

医)社団東北福祉会 介護老人保健施設せんだんの丘 施設長
東北福祉大学 特認准教授
土井 勝幸 氏

医)博仁会 社福)博友会 理事長・中央社会保険医療協議会 委員
鈴木 邦彦 氏

申込はこちらから

このセミナーは終了しています。
お探しのセミナーが見つからない方はこちら