HOME » セミナー・研修を探す » デイサービスのリーダー・管理者養成...

デイサービスのリーダー・管理者養成塾<プレコース>【東京会場】

対象 介護職、その他
分野 施設経営管理、介護・施設経営その他
開催日時
会場
2017年05月20日 (土) 開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:00:00
会場名:リロの会議室「銀座中央通り」
住所: 東京都 中央区銀座2丁目7-18 銀座貿易ビル 6階 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 株式会社QOLサービス 代表取締役
妹尾 弘幸 氏
定員36名
主催 日本通所ケア研究会
受講料 15,000円
(税・資料代込み)
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=49427

講義概要

《デイ激変!~デイに求められる機能が厳格化~》
「地域密着デイの開設抑制」「機能訓練非実施減算」「共生型サービス創設」「介護予防事業完全実施」など、デイを取り巻く環境は大きく変化し、デイに求められる機能も厳格化しています。
地域に必要とされ、将来生き残るデイとなるためには、リーダー・管理者の高い能力が必須です。
本講座では、デイの運営・経営全般に必要な様々な能力を高めていきます。

講義内容

1.現在の悩みと疑問 Q&A
  参加者の現在の悩み・質問に対するアドバイス

2.介護保険とデイ
(1)「地域包括ケア」の将来像
 地域包括ケアが推進されていく上での医療・介護の姿を理解し、自デイの将来像について考える
(2)デイに求められているもの
 デイが制度で求められている内容を把握し、生き残れる自デイのあり方を探る
(3)将来のデイの形
 自デイの将来像を考え、今からどうするかを計画する

3.デイ最前線
(1)現在の様々なデイについて紹介
 現在のある様々なデイの形を知り、自デイのシステム・プログラムの改善に生かす
(2)デイトピックス
 その時々のデイトピックスについて知る

4.指導監査
(1)指導・監査のポイント
(2)実施指導で注意するポイントと対応

5.収入アップ、利用者増
(1)収入アップの考え方
(2)利用者増の基本活動

6.スタッフマネジメント
(1)職員確保・定着・育成
(2)職員リスクとリスクマネジメント

7.プログラム・システム改善
(1)デイのプログラム各種紹介
(2)ユニークなシステム各種紹介

8.介護技術
(1)リーダー・管理者も身に付けておくべき基本介護技術
(2)認知症ケアの考え方

9.リーダー・管理者に必要な知識・技術
(1)リーダー・管理者に必要なこと
(2)リーダー・管理者に必要な知識・技術一覧

10.その他

特典① 参加者には事前アンケートにて質問・希望を調査し、可能な限り講座に反映します
特典② お昼はランチョングループワークで参加者同士の工夫・悩みが共有できます

※6月より月1回(全5回)の養成塾を開催します!まずはプレコースの受講をおすすめします!

講師紹介

49427
株式会社QOLサービス 代表取締役
妹尾 弘幸 氏

日本通所ケア研究会 会長
月刊デイ編集長
総合介護施設ありがとう総施設長
早稲田大学非常勤講師

川崎リハビリテーション学院卒業後、救急病院、県立病院などで理学療法士として勤務する傍ら、介護福祉士養成学校などの非常勤講師を務める。1998年に理学療法士勤務の傍ら有限会社QOLサービス(現、株式会社QOLサービス)を設立。2004年に介護部門「多機能地域ケアホームありがとう」を開設。現在は株式会社QOLサービス代表取締役として「月刊デイ」「認知症ケア最前線」「デイの経営と運営」などの定期購読誌を発行する傍ら、介護現場での臨床実践・研究なども精力的に行っている。

申込はこちらから

このセミナーは終了しています。
お探しのセミナーが見つからない方はこちら