HOME » セミナー・研修を探す » 「ドクター・フォーカスド・アプロー...

「ドクター・フォーカスド・アプローチ」実践法

経営と現場の両方がわかる医療専門職コンサルタントが語る もう怖くない!医師の対応に苦慮するマネージャーのための 診療パフォーマンスを最大化し収支改善する
対象 医師、看護師、医事課
分野 経営管理、病院経営その他
開催日時
会場
2017年04月21日 (金) 開始:13:00 | 終了:17:00 | 開場:00:00
会場名:TKP新橋カンファレンスセンター
住所: 東京都 港区西新橋1-15-1 大手町建物田村町ビル[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 メディテイメント株式会社 代表取締役 セコム医療システム株式会社 顧問
杉浦 鉄平(すぎうら てっぺい) 氏
定員60名
主催 (株)新社会システム総合研究所
受講料 32,400円
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームより申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=49573

重要講義内容

医師は自分の専門領域のこだわり、経営を理解してくれない。救急搬送を断わり、人員不足のフォローにも無関心でチーム医療に協力しくれない。院長は自らが率先して診療を担い、経営と現場の掛け持ち。結局自分がやらなければ職員は動いてくれず、毎日多忙で経営のことをしっかり考える余裕はない。これでは地域の中で自院のビジョンも描けない。 経営に熱心な院長ほどこんなことを良く口にされます。
私は元看護師、30年にわたる病院勤務を通じ、臨床(現場)、看護部長(管理)、事務局長(経営)経験。その後一部上場企業で病院経営コンサルタントとして病院V字回復戦略一貫として医師の戦略的リクルートも行い「医師採用は病院のコンセプトと医師の診療ニーズをマッチングさせるお見合いである」をモットーに病院時代は多くの医師のスカウトに成功。さらに医師の強みを生かす診療をマネジメントで収支改善のインパクトを出し続けました。医師一人ひとりの個別面談や、ユニットごとに戦略立案会を実施、医師が専門領域の症例集積により診療実績を上げ、その結果病院全体の利益上げることに成功しました。本講座では、その中で蓄積したノウハウは医師の心理属性や思考の癖を考慮した、医師の行動変容に向けたアプローチ方法を解説します。

『以下お困りごとがある院長や事務長、看護部長、その他経営幹部の方』
 ●医師に経営側の意図を理解して行動してほしいのに、
  業績(お金)の話をすると嫌な顔をされる
 ●職員は頑張っているけど、医局との連携がうまくかみ合っていないので
  業績が上がらない
 ●組織全体のことを考えているのは自分を含め一部。
  結局自分がやらないと誰も動かない

『このセミナーに参加して得られる効果』
 ■医師の心に響くアプローチがわかり変われる医師から変わっていく
 ■自施設の成長や成功が信じられるようになる
 ■病院のお金の流れの全体像がわかり
  それを医師の利益に対する動機づけができる
 ■医療機器など投資に対する基準やルールが明確になり
  医師の要求に当たり負けしなくなる
 ■今いるメンバーで業績を上げる方法がわかる

<セミナー内容>
1.病院組織の特徴と医師の思考のプロセス
2.医師の「否定型評論家症候群」「頭の良い悲観論」に当たり負けしない軸づくり
3.医師のニーズを顕在化させ行動を喚起する『伝える力』
4.医師の心に響くデータ活用術 (パブリックデータ、パーソナルデータから)
5.病院のお金の流れの全体像を見える化し利益に対する動機づけをする方法
6.診療科別戦略立案会の実践法
7.病院組織の成長法則
8.質疑応答

講師紹介

メディテイメント株式会社 代表取締役 セコム医療システム株式会社 顧問
杉浦 鉄平(すぎうら てっぺい) 氏

看護師として都内医療機関で勤務したのち、2000年に府中恵仁会病院看護部長に就任、その後副院長を兼任し専門職マネージャーとして病院経営に携わった。看護部長を退き、法人経営に専念し、本部事務局長、事業企画室長を歴任した。2012年よりセコム医療システム株式会社に移籍し、医療機関での経営管理の経験を生かし、新事業の企画、病院経営支援、2013年からマネジメント・ソリューション本部担当部長として主に病院コンサルティングサービス、自治体向け地域医療ビジョン策定支援、民間主導の街づくりプロジェクトなどに関わる。
2016年6月メディテイメント株式会社代表取締役、セコム医療システム顧問「病院組織再生プロデューサー」として公立病院改革プランの策定と実行、指定管理者制度導入実行支援、大鄭製薬会社、医療系IT企業、医療系卸などの営業マネージャー研修。現在は、コンサルティングと並行し、病院経営、看護師のキャリア開発、医療関連企業への営業力アップ等をテーマとしたセミナーなどもこなし講者数は全国で1,000名を超える。月刊誌医療経営雑誌『最新医療経営フェイズ3』(HP)他、医療系の情報誌で連載も持つ。

申込はこちらから

このセミナーは終了しています。
2日で学ぶ 看護管理者のための看護記録セミナー
お探しのセミナーが見つからない方はこちら