HOME » セミナー・研修を探す » よりよい人間関係とコミュニケーショ...

よりよい人間関係とコミュニケーションスキル BCBベーシックコース【5月20日21日・東京】

Abe Wagner & Associates 認定 ≪インターネット講座で事前学習あり≫
対象 医師、看護師、医事課、介護職、その他
分野 病院経営その他、臨床看護その他、介護・施設経営その他、医療関連サービス企業その他
開催日時
会場
2017年05月20日 (土) 開始:10:00 | 終了:17:00 | 開場:09:30
会場名:チーム医療 2階 研修室
住所: 東京都 豊島区南大塚2-42-1 折原ビル 03-3945-0771[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
2017年05月21日 (日) 開始:09:30 | 終了:16:30 | 開場:09:15
会場名:チーム医療 2階 研修室
住所: 東京都 豊島区南大塚2-42-1 折原ビル 03-3945-0771[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 BCBファシリーテータ/ICNLP認定マスター・トレーナー/ICC認定国際コーチ/八洲学園大学 非常勤講師/株式会社チーム医療 代表取締役
梅本 和比己(うめもと かずひこ)

BCBファシリーテータ/ICNLP認定NLPトレーナー/ICC認定国際コーチ・同認定国際チームコーチ/株式会社チーム医療 所属/北区堀船カンフークラブ 主宰
佐々木 啓(ささき あきら)
定員30名
主催 株式会社チーム医療
受講料 47,520円

●WEBからのお申込みの方 47,520円(本体44,000円+税)

●チーム医療への電話・FAX・郵送のお申込 49,680円(本体46,000円+税)


※お申込み後、受講証・払込用紙・セミナーのご案内をお送りいたします。

※欠席される場合は、必ずご連絡をお願いします。ご入金後にキャンセルされる場合、2017年5月15日(月)までにご連絡をいただいた方には、返金手数料【本体 1,000円+消費税】を差し引き残金をご返金します。この期日を過ぎた場合は、ご参加費のご返金は致しかねますので、代理の方のご出席をお願いいたします。

【参加者特典】このBCBベーシックコースを修了した方は、今後何度でも同コースのリピート参加が無料です。

chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=49805

人間関係が楽になる13の法則とは? BCBコミュニケーションスキル

49805「お義母さんにもらった洋服が趣味じゃない。着なくちゃいけないのかな……」
「扱いの難しい同僚に仕事上の注意をしなくてはならない。どう切り出そうか……」
「催し物のたびに騒音の苦情を言ってくる近所の人。どう対応したものか……」

あなたもこのような状況で困ってしまったことがありませんか?
私たちは「コミュニケーション」というものを、何となく、行き当たりばったりで身につけてきました。
ですが、「何となく、行き当たりばったり」では対処することが難しい状況があるのも事実です。
あらゆる能力と同じように、「効果的なコミュニケーション」というものにも方法があり、身につけるには練習が必要です。

どうすれば相手の善意を大切にして断れるか。
どうすれば自分の気持ちや要望を正しく伝えられるか。
どうすれば相手の怒りを受け止めてよりよい方向に持っていけるか。

そこでとても役に立つのがこの「BCBコミュニケーションスキル」。
相手を変えようとせず自分も我慢せず、お互いを大切にして、気持ちを率直に伝え合えるような関係=
よりよい人間関係を築くために作られたコミュニケーションスキルです。
(BCB:Breaking The Communication Barrier=コミュニケーションのバリアを壊す)

この文章をお読みのあなたは、

「苦手なあの人とうまくやっていきたい」
「少なくとも今よりはよい関係に変化させたい」

そして
「よい関係を築いている人とはもっとうまくやっていきたい」

とお考えのことと思います。
このベーシックコースはBCBの全体像を網羅している本格的トレーニングです。
人の行動の背後にある考え方や意味を理解し、人を変えるのではなく人との関係性を変える。
そして今回は多彩で多才なファシリーテータを迎えて、いつもより長い3日間コース。
もっと時間が使いたかった練習や、BCBでやりかった新しいテーマも取り入れた「バージョン2.0」でお届けします。

うまくいっていることで、再学習するプログラム ~BCBの性質

このセミナーで扱う「自我状態」「ペーシング」「ストローク」などなど。

「何かむずかしい専門用語……」
「人間関係が理論通りに行くはずがない」

という感想を持たれた方もいらっしゃるかと思います。
声を大にして言います。それは逆に考えて下さい!

これらの用語は、人間関係がうまくいっている時やコミュニケーションがうまく取れている時、あなたが自然に行っていることに名前を付けただけです。
ですから、あなたはすでにこれらのことを身につけています!
では、すでに身につけていることをなぜ時間とお金を使って学ぶのか?
その理由は「自然に」行っていることを「意識的」に行うためです。人間関係やコミュニケーションがうまくいっていない、そんな時こそうまくいっている時と同じことを「意識的」に行うのです。
BCBはそれを再認識させ、再学習させるプログラムと言ってもいいでしょう。


【あなたがBCBを学んで得られるものは……】

◆自分がどのような状態にいるかの理解
◆自分の状態と相手の状態との関係
◆信頼感=ラポールを無意識的に築く方法
◆依存しあっている関係への気づき方
◆肯定的な行動の続けさせ方
◆モチベーションを高めて維持する方法
◆クレームや非難へのとても効果的な対処法
◆相手を尊重しつつ課題に向き合わせる方法

◆言動から相手の状態を見分ける方法
◆相手に望む状態への働きかけ方
◆相手に合わせた伝わりやすい表現
◆依存からもっと豊かな人間関係への改善法
◆否定的な行動の止め方
◆自分も相手も元気になる働きかけ
◆苦手な人、難しい相手との上手な接し方
◆適切で効果的な「自分の望み」の表現法

「してみようと思う」から「してみる」へ ~BCBの学び方

49805誤解を恐れずに言うなら、BCBはよりよい人間関係のための「理論」ではありません。どんなに良いものでも、アイデアや考え方だけでは、いつまでも「~すればいいのかが分かった」「~してみようと思う」にとどまってしまうでしょう。
よりよいコミュニケーションの方法を「知っている」ことと「実践する」ことには天と地ほどの開きがあります。そして、あらゆることは練習しないと上達しませんよね?
BCB開発者、エーブ・ワグナー氏はかつてこう言いました。

「ゴルフクラブを買ったばかりの人がトーナメントに挑戦するのは無理ですね?
まず本を読んでフォームの研究をしたり、練習場で球を打ったりと練習が必要です。
そして、コミュニケーションスキルも同じことです」

BCBは「~してみる」のです。ベーシックコースでは、BCBのテクニックやその土台となる考え方を、
日常生活で使うことを目的として、たくさんの実習を通してご提供します。
例えば、BCBの各テーマは

1)どういう意味なのか
2)何のために役立つのか
3)どんな場面で使えるのか
4)デモンストレーションと体験実習

という順番でレクチャーを進めます。
ご参加された方が「BCBはとても分かりやすく使いやすい」とおっしゃる理由がここにあります。

【うまくいっていることで、再学習するプログラム ~BCBの性質】

このセミナーで扱う「自我状態」「ペーシング」「ストローク」などなど。

「何かむずかしい専門用語……」
「人間関係が理論通りに行くはずがない」

という感想を持たれた方もいらっしゃるかと思います。
声を大にして言います。それは逆に考えて下さい!

これらの用語は、人間関係がうまくいっている時やコミュニケーションがうまく取れている時、あなたが自然に行っていることに名前を付けただけです。
ですから、あなたはすでにこれらのことを身につけています!
では、すでに身につけていることをなぜ時間とお金を使って学ぶのか?
その理由は「自然に」行っていることを「意識的」に行うためです。人間関係やコミュニケーションがうまくいっていない、そんな時こそうまくいっている時と同じことを「意識的」に行うのです。
BCBはそれを再認識させ、再学習させるプログラムと言ってもいいでしょう。

プログラム/認定資格/事前学習について

【すべてレクチャーと体験実習で学んでいきます】

1.人の行動を理解する ~自我状態~
私たちは実年齢・暦年齢相応に考え、行動しています。
では、なぜこんなことが起こるのでしょうか?
「私の子供の叱り方、お母さんそっくりだった」
「あの人ったらまるで子供みたいにスネるんだから」
これら外から観察できる人の状態を「自我状態」といいます。
ここでは効果的なコミュニケーションが取れる自我状態と、そうでない自我状態を学びます。

2.コミュニケーションのパターン ~相補交流&相互依存~
誉められたら嬉しくなる。
叱られたらしゅんとなる(または反発したくなる)。
同じ様に自我状態の間でも典型的なコミュニケーションのパターンというものがあります。これを知っておくと、相手から引き出したい自我状態にアプローチすることができます。
また、お互いにもたれ合った効果的でない人間関係のパターンから抜け出しやすくなります。

3.モチベーションのキー ~ストローク~
私もあなたも、すべての人間が生きていくために絶対に必要なモノ。
それが「注目」――あなたはそこにいますね、というメッセージです。
あいさつや目線を合わせるまでを含めてそれらを「ストローク」と言います。
ここでは効果的なコミュニケーションや人間関係を円滑にするためのストロークの種類を学びます。
また、ストロークを人にあげたり、人からもらったりする体験をしましょう。

4.人の考え方を理解する ~3つのチャンネル~
円柱を横から見た人は「四角形だよ」と言い、
上から見た人は「いや円だった」と言います。
どちらも正しいですよね。違っているのは「情報の取り込み方」。
私たちは一人一人違う世界に住んでいるといっても言い過ぎではありません。
なぜなら一人一人「情報の取り込み方」や「取り込んだ情報の整理の仕方」が違うから。
コミュニケーションギャップが起きる原因でもあります。
ここでは私たちが「情報の取り込み/整理」に使っている3つのチャンネルを扱います。

5.難しいケースへの対応 ~交差交流&ペース合わせ~
「交差交流をよりよいコミュニケーションのために利用するですって?」
交流分析を学んだ方であればあるほど、このBCBのアイデアに驚き、そして練習後に納得されます。
BCBの「交差交流」と「ペース合わせ」の組み合わせは、攻撃してくる人や見捨てる人、またクレーム対処にとても効果的です。

6.建設的なフィードバックのための13の方法 ~ケア・フロンテーション~
Care:ケアする、大切にする、思いやる
Confrontation:直面する
つまり「ケア・フロンテーション」とは相手を大切にしながら、必要なことを伝えたり、問題に直面してもらう方法です。
ここで学ぶ13の方法に、いままで学んできたアイデアやテクニックを総動員して練習するBCBの核の部分です。

※間に休憩をはさみます。
※昼食は各自でご用意ください。
※内容は変更、追加される場合もあります。

【認定資格】
本セミナーを修了した方は、Abe Wagner & Associatesとチーム医療が「BCBベーシックコース修了者」として認定します。

【インターネット講座で事前学習】
このBCBベーシックコースにご参加の場合は、理論編の講義を事前にインターネット動画で学習して下さい(必須)。

1.ご覧いただく動画は、BCB開発者エーブ・ワグナー先生のアメリカでの講演を収録、日本語吹き替えをおこなった動画です(95分)。

2.参加費のお支払が確認出来次第、ご登録いただいているEメールアドレスに動画視聴ページのURL、パスワード、IDをお送りします。

3.理論編の内容で質問がおありでしたら、ベーシックコース開催前に質問内容をお送りください。ベーシックコースで理論の振り返りと、ご質問にお答えします。(動画視聴ページから送信できます)。

また、インターネット環境がない場合には、別途ご相談ください。

講師紹介

49805
BCBファシリーテータ/ICNLP認定マスター・トレーナー/ICC認定国際コーチ/八洲学園大学 非常勤講師/株式会社チーム医療 代表取締役
梅本 和比己(うめもと かずひこ)

1974年 明治大学法学部卒業
(株)ライフ・サイエンス・センターに入社。主に医学・看護学の講演会企画・出版を担当
1978年 (株)チーム医療設立、代表取締役
1997年 日本交流分析学会認定交流分析士資格取得
2002年 エーブ・ワグナー&アソシエーツ認定BCBファシリーテータ資格取得
2008年 ICC国際コーチ連盟認定国際コーチ資格取得
2011年 ICNLP(International Community of NLP)認定マスター・トレーナー資格取得
2013年 八洲学園大学 非常勤講師


49805
BCBファシリーテータ/ICNLP認定NLPトレーナー/ICC認定国際コーチ・同認定国際チームコーチ/株式会社チーム医療 所属/北区堀船カンフークラブ 主宰
佐々木 啓(ささき あきら)

1974年 東京に生まれる
1993年 師について武術の修業を開始(現 天龍武術会所属)
1998年 (株)チーム医療入社 現在に至るまで膨大な学びの時間を研修会場にて過ごす
2007年 柳生心眼流兵術 表印可取得
2008年 Abe Wagner & Associates認定BCBファシリーテータ資格取得(米国)
2010年 The Santa Fe Institute of NLP and Developmental Psychology認定 NLPトレーナー資格取得(米国)
2011年 ICNLP(International Community of NLP)認定NLPトレーナー資格取得(英国)
2012年 柳生心眼流兵術 中極印可取得
2014年 自ら我が子に実践してきた「心理療法を応用した子供への関わり方」をテーマに個人的に講演を始める
2015年 ICC(International Coaching Community)認定国際コーチ資格取得(英国)
2016年 北区堀船カンフークラブ設立

申込はこちらから

このセミナーは終了しています。
お探しのセミナーが見つからない方はこちら