HOME » セミナー・研修を探す » 地域医療構想や医療・介護同時改定を...

地域医療構想や医療・介護同時改定を見据えたデータ分析と戦略立案

分野 経営管理、業務改善、病院経営その他、営業
開催日時
会場
2017年05月24日 (水) 開始:09:30 | 終了:12:30 | 開場:09:00
会場名:カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
住所: 東京都 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 株式会社メディチュア 代表取締役
渡辺 優 氏
定員45名
主催 株式会社セミナーインフォ
受講料 34,980円
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=50428

概要

団塊の世代が70代に達し、高齢者の増加が進む中で、病院経営は年々厳しくなっております。2018年の医療・介護同時改定を目前に控え、自院の病床機能選択や重要な経営判断であり、また、日々の業務改善は不可欠です。しかしながら、多くの病院では、厳しい経営環境下、限られた人員体制で日常業務をこなしており、経営判断を促すような戦略の立案や、業務改善を能動的に推進できる人材は不足しているのが実情です。そこで、様々な職種・人員が日常業務の進めながら、病院経営の課題を考えるきっかけを増やし、データに基づく議論を促し、戦略立案や業務改善ができるような組織を目指すノウハウについて説明いたします。

セミナー詳細

1.病院経営が厳しい理由
(1)高齢者が増えても経営は良くならない
(2)全国で進む病床の高回転化
(3)利用率を維持しても増収減益

2.地域医療構想から読み解く経営課題
(1)病床削減!?地域医療構想から地域の課題を把握する
(2)地域の需要変化から自院の経営課題を考える
(3)病院に必要な人材、育成すべき人材とは

3.診療報酬改定を見据えた院内データ・院外データ分析の必要性
(1)7対1看護必要度の厳格化を乗り越えるためのデータ分析と戦略立案
(2)急性期・DPC病院の経営改善の考え方
(3)地域包括ケア病棟の点数は続くのか 自院の機能を把握する
(4)地域のことを考える上で必要な周辺病院の動向

4.戦略立案から実行・実現までに必要なコツ
(1)課題把握のきっかけ
(2)経営改善に必要なデータ収集・分析の流れ
(3)院内会議の進め方を変える

5.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください

講師紹介

株式会社メディチュア 代表取締役
渡辺 優 氏

1977年生まれ 2000年東北大学工学部卒業、02年同大学大学院修了(超音波による血管測定について研究) 02年、アクセンチュア株式会社に入社し、金融機関の業務改善等を担当 その後、医療系コンサルティング会社に転職し、急性期病院向けの経営改善、診療データ分析に従事 12年に医療データ分析を専門とした株式会社メディチュアを設立 データ分析業務に加え、病院の戦略策定支援も手がける

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 地域医療構想や医療・介護同時改定を見据えたデータ分析と戦略立案
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
ニックネーム
※サイト内の呼称に使用いたします。(10文字以内)
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数 1名
このセミナーは一回のお申し込みで1名のみお申し込みできます
同行者氏名
※1人1行でご記載ください
同行者の役職もご記入ください
勤務先名称
勤務先住所 -

都道府県


市区町村以下
勤務先電話番号
例)03-xxxx-xxxx
部署名
役職
メールアドレス
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら