HOME » セミナー・研修を探す » 中枢神経疾患・運動器疾患に対する体...

中枢神経疾患・運動器疾患に対する体幹の運動制御-実技中心-

対象 理学療法士、作業療法士
分野 リハビリテーション、高齢者リハビリテーション
開催日時
会場
2017年05月20日 (土) 開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:00:00
会場名:大和大学 講義棟5階 理学療法実習室608
住所: 大阪府 〒564-0082 大阪府吹田市片山町2-5-1 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 ㈱PNF研究所
江口 泰弘 先生
定員36名
主催 リハガク
受講料 9,800円
ペアでのお申込みで8800円となります。
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=50489

講義概要

【概要】
あらゆる中枢神経疾患・運動器疾患の治療において「体幹が重要」と言われます。


ではどう、なぜ大事なのかを問われた時、答えに窮するセラピストが多いようです。


今回は肩・腰部・下肢の整形疾患や片麻痺・パーキンソン症候群などの中枢神経疾患それぞれに対し、共通して治療対象となることが多い体幹をどうみていく必要があるのか、どう運動性や安定性を構築すればよいのかを機能解剖を交え、実際に障害をイメージしてもらいながら、実技にとことんこだわります。



※実技セミナーですので少人数制で実施いたします。定員に達し次第募集を締め切らせていただきます。
【セミナー内容】
午前
〇機能解剖について
〇脊柱・体幹筋のモビライゼーションを障害別に実技

午後
〇上部体幹(肩甲帯)
〇下部体幹(骨盤帯)のコア調整と安定性を高める手技を障害別に実技


【講師】
江口 泰弘 先生 
理学療法士 
㈱PNF研究所

講師紹介

㈱PNF研究所
江口 泰弘 先生

理学療法士 
㈱PNF研究所

申込はこちらから

このセミナーは終了しています。
お探しのセミナーが見つからない方はこちら