HOME » セミナー・研修を探す » 頸動脈エコー特訓セミナー(愛知開催...

頸動脈エコー特訓セミナー(愛知開催) 完全マンツーマン!

こちらのセミナーは、申込受付を終了いたしました。
明日から頸動脈エコーが撮れるようになる!
対象 医師、看護師、臨床工学技士、検査技師、放射線技師
分野 診療・診察技術、救命救急、検査、資格取得
開催日時
会場
2017年05月23日 (火) 開始:09:00 | 終了:18:00 | 開場:08:30
会場名:クリニカルサポート愛知サポートセンター
住所: 愛知県 安城市三河安城町2-28-2 JR三河安城駅より徒歩3分[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 株式会社 クリニカルサポート 代表取締役
西原 哲等
定員1名
主催 株式会社 クリニカルサポート
受講料 73,000円
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=50703

プログラム

このセミナーは「明日から頸動脈エコーが撮れるようになる」が目標のセミナーです。
たった一人の受講生に対して、シルバー人材モデルをなんと6名用意。
実際の臨床に沿った検査・評価をしていただけます。

9:00~12:00
・ 頸動脈エコーの意義(座学)
  何を頸動脈エコーで見るの?
・ 頸動脈エコーガイドラインに基づく座学及びハンズオン(モデル1)
  どう頸動脈を評価するの?(教科書に無いコツ)
  アーチファクトを回避する裏技
  ノギス法によるIMTの評価(計測誤差を安定させるためには?
・ パルスドプラの概念及びハンズオン
  そういうことだったのか!わかりやすいドプラの意味合い
  椎骨動脈の描出とドプラ
12:00~13:00 休憩
13:00~13:45 モデル2(シルバー人材等)
13:45~14:30 モデル3(シルバー人材等)
14:30~15:30 モデル4・5(シルバー人材等)
15:30~16:00 モデル6(シルバー人材等)

セミナーの特徴

頸動脈エコーガイドラインに準じたセミナーを行います。
現行ではこのガイドラインや、早期動脈硬化研究会などから基準が提唱されています。
しかし、実際の臨床現場では色々な評価方法が横行し「いったい何をどう評価したらよいのか・・・」混乱しているのも事実でしょう。
このセミナーでは、ガイドラインや早期動脈硬化研究会の評価方法が何を意味し、臨床現場ではどう評価されるべきなのか。また「数字」で出る結果に対し、どのように検査に対して精度を上げるべきなのか。
現場で活躍する技師ならではの「使える」テクニック。臨床現場の実際をお伝えすることができればと思います。

講師より一言

見えやすい若年者のモデルを使用してセミナーをするのは簡単なこと。
書籍を読むだけのセミナーはやりません。
皆さんが困っているのは、実際には、ちょっと太ってたり、ちょっと痩せてたり、ちょっと年取っている方を診る機会が多いからですよね。
教科書通りにならない方を診ることが多いなら、教科書からはみ出ないといけません。
あなたを「あっ!」と言わせるセミナーになるでしょう。
検査時間を大幅に短縮させて見せます。

セミナー参加者の声(アンケート調査より抜粋)

■ 頸動脈エコーの意味・評価方法。現場サイドでの生の意見が聞けた。とても有意義でした。(鹿児島県 放射線技師)
■ 看護師なので何もわからなかったが、本当に良くわかった。(東京都 看護師)
■ 頸動脈エコーの計測の意味。理解できた。(島根県 医師)
■ 頸動脈エコーの有用性が良くわかった。原理はわかっているつもりだったが、MRやCTで見えないところが見えると言うこと。院長に言います。(兵庫県 放射線技師)
■ 頸動脈エコーを導入するにあたって、とても良い勉強になりました。(福岡県 医師)
■ 頸動脈エコーでここまで評価できるとは・・・とても新鮮で有意義な時間でした。(神奈川県 医師)
■ 今まで参加したセミナーの中で一番わかりやすかった。(三重県 検査技師)
■ まさに目から鱗の講義でした。(静岡県 検査技師)
■ 検査を始めるにあたっての方向性・所見の記入方法なども真剣に考えてくれて助かった。(滋賀県 検査技師)
■ うちの診療所で働いてほしい。(岐阜県 医師)
■ 技師会の講師をお願いしたい。(愛知県 検査技師)
■ お金を払ってでも参加してみるもんだと思った。(高知県 放射線技師)
■ ドプラの説明がわかりやすかったです。(大阪府 検査技師)
■ 製薬会社の講演を聴いて来てみたが、予想をはるかに超えたすごい講義でした。(奈良県 医師)
■ 保険点数のことまで教えていただき助かりました。(富山県 医師)
■ パルスドプラを間違ってとっていたことに気づいた。(埼玉県 検査技師)
■ 半信半疑で受けてみたが、受けてみてよかった。(和歌山県 医師)
■ 最後に質問。この金額で大丈夫ですか?(石川県 医師)
■ 所見の記入方法も教えてもらい助かった。(福井県 検査技師)
■ 原理がとても大切なんだな。。。と思いました。(京都府 放射線技師)
■ ドプラまでは出来ないと思っていたが、簡単に出来そう。(愛媛県 医師)
■ 上司からの命令でプレッシャーがかかった中での参加でしたが、自信を持ってみんなに教えることが出来そうです。(山口県 検査技師)
■ 質問しようと思っていたことを、質問する間もなく答えていただけました。(大分県 検査技師)

講師紹介

株式会社 クリニカルサポート 代表取締役
西原 哲等

講師は大学病院病態制御内科で頸動脈エコーを共同研究。
メディアクロス社の頸動脈解析ソフト インティマスコープ等への共同開発を手がける。
また、製薬会社をはじめ医師会・技師会への講演実績も多数あり。
18施設もの病医院で頸動脈エコーに携わり、現在も年間1500以上の症例をこなす。
2004年に超音波に特化したセミナー会社を設立。
アカデミックな話題に固執せず、基礎を徹底指導し「現場でのエコーの実際」を完全少人数制のエコーハンズオンセミナーを関西・東海を中心に全国へ展開中

申込はこちらから

こちらのセミナーは、申込受付を終了いたしました。
お探しのセミナーが見つからない方はこちら