HOME » セミナー・研修を探す » 介護事業所の課題改善セミナー

介護事業所の課題改善セミナー

人員不足感、連携不足、教育体制など 事業所の抱える課題を改善に導きます!
対象 看護師、医事課、介護職、管理栄養士・栄養士、理学療法士
分野 施設経営管理、介護技術、高齢者リハビリテーション、居宅系サービス、介護・施設経営その他
開催日時
会場
2017年04月21日 (金) 開始:09:30 | 終了:16:30 | 開場:09:10
会場名:お茶の水ケアサービス学院
住所: 東京都 千代田区岩本町1-10-3 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 株式会社IDO 代表取締役
井戸 和宏 氏
定員60名
主催 介護サービス向上推進協議会
受講料 10,000円
資料1 資料
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=51007

研修目的

介護事業所におかれましては、人材確保が難しい、職員の定着率が悪い、業務中に余裕がない、教育体制が整っていない、職員の意識の統一が図れない等、多くの課題を抱えていることと存じます。課題の中には、すぐに改善に取り込むことが難しいものもありますが、職員の意識を変えることで解決するものもあります。意識を変えるためには、現在の状況を多視点から見る目を養うことが重要です。
チームで利用者を支える介護現場には、経営層、リーダー層、専門職、現場の介護職員の役割の違い、経験や年齢による知識、技術の違い等、様々な相違点があります。これらの相違点を認識し、様々な角度から業務を見直すことで、今まで気づかなかった事業所の強みや、隠れた課題が発見できます。
 当協議会では、介護事業所の皆様の抱える課題をひとつでも多く改善していただくことを目的として、本研修会を企画いたしました。事業所の柱である経営層、リーダー層の皆様にご受講いただき、課題解決の一助にしていただければ幸いです。

研修概要

開催日:平成29年4月21日(金)
    9:30~16:30
会 場:お茶の水ケアサービス学院
    千代田区岩本町1-10-3
    JR神田駅より徒歩10分

カリキュラム

・階層や役割による相違点を認識する
・「人員不足」の本質を考える
・職場環境を左右する要因を探る
・多職種連携に必要な視点を養う
・職員の成長を妨げるかかわりとは
・経験や価値観にとらわれない見方・考え方
・課題改善へのプロセス

講師からのメッセージ

皆様はじめまして!私は介護現場の問題を改善する仕事をさせていただいています。トラブルが多い事業所では「人間関係」「法人のビジョンが見えない」などの意見が多く出ます。一方で定着率が高く、職員のモチベーション・マネジメントが上手に出来ている事業所とは「福祉・介護観を育む環境や、自分の有りたい人に近づいていると実感できる環境、また、自分が行っている仕事と評価に対してのギャップが少ない事業所」です。セミナーを通じて一緒に安心して定着できる組織環境を学びましょう。最新情報のCAP(人財活性化プログラム)のお話もします。

講師紹介

株式会社IDO 代表取締役
井戸 和宏 氏

1993年より相模原市・横浜市の高齢者施設等に従事。介護主任・相談員などを経て、その後横浜市の社会福祉法人、株式会社等でグループホームの施設長を歴任。日本介護福祉学会・日本認知症ケア学会他、認知症ケアジャーナルなどにて実践事例研究を多数報告。現在は、老人保健施設から小規模多機能施設まで、施設の現場で起こる諸問題を解決するため介護現場で活躍する傍ら、社会福祉士としても地域の認知症ケアの底上げを行っている。

関連教材

申込はこちらから

このセミナーは終了しています。
お探しのセミナーが見つからない方はこちら