HOME » セミナー・研修を探す » ーがん患者さんの治療継続を支援する...

ーがん患者さんの治療継続を支援するためにー抗がん薬治療の副作用軽減を目的とした皮膚障害と口腔粘膜炎へのケアのポイント

★ナース専科×日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 共催セミナー★
対象 看護師
分野 臨床看護、終末期医療、薬剤、栄養管理、臨床看護その他
開催日時
会場
2017年12月10日 (日) 開始:13:00 | 終了:17:40 | 開場:00:00
会場名:TKP名駅桜通口カンファレンスセンター
住所: 愛知県 名古屋市中村区名駅3-13-5 名古屋ダイヤビル3号館 3F/4F[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 岐阜市民病院 がん診療局長
澤 祥幸 先生

国立がん研究センター中央病院 歯科 医長
上野 尚雄 先生
定員70名
主催 株式会社エス・エム・エス(ナース専科セミナー)
受講料 3,000円
※資料代を含む
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=52728

☆★セミナー概要★☆

分子標的薬の登場により、がん患者さんの治療中に特有の副作用が現れるようになりました。
しかし、この副作用は、薬が効いているほど出現するため、副作用対策が、患者さんの治療へのモチベーションの維持・継続につながります。

そこで本セミナーでは、分子標的薬の副作用として出現率の高い皮膚障害、 さらに抗がん剤治療で副作用が出やすい口腔粘膜炎に焦点を当て、副作用出現のメカニズムと支持療法、副作用を軽減するケアとセルフケア指導について解説します。


※本セミナーは看護師、または医療従事者を対象としています

【共催】
株式会社エス・エム・エス

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

▼プログラム▼

●第 1 部:肺がんの分子標的治療(30分)
分子標的薬による肺癌治療アップデート

●第 2 部:分子標的薬による副作用ー皮膚障害ー
1.がん薬物療法に伴う皮膚障害とマネジメント(55分)
・分子標的薬の副作用として皮膚障害が現れるメカニズム
・どのような症状が現れるか、どのような支持療法が行われるか
・早期介入の必要性、治療中の注意点ついて
・看護師に知ってほしいこと・行ってほしいこと

2.症状軽減のためのスキンケアとセルフケア指導(50分)
・分子標的薬に特有の皮膚症状(爪囲炎を含む)を軽減させるためのスキンケアとその必要性
・患者理解を促すポイントと動機づけの仕方
・アセスメントの仕方、ケアの実際
・セルフケア指導について具体的なコツ

●第 3 部:抗がん薬治療による副作用-口腔粘膜炎-
1.口腔ケアのコーディネーターであるために 知ってほしい口腔粘膜炎のメカニズムと支持療法(55分)
抗がん薬治療中の患者の口腔ケアにおいて、看護師はケアの必要性を見抜き、適切な情報やリソースへつなぐコーディネーターであることが求められています。 この役割を踏まえ、
・副作用として現れる口腔粘膜炎のメカニズム
・どのような症状が現れるか
・歯科の役割、事前介入の必要性
・疼痛管理と支持療法、治療中の注意点などについて

2.症状を軽減するために 看護師が行いたい口腔の評価とケア・セルフケア指導-実演・演習-(50分)
・抗がん薬治療で副作用として現れる口腔粘膜炎について、予防、または早期に見抜き、軽減させるための介入の仕方、評価の仕方について具体的な方法
・口腔内のアセスメントの仕方
・患者理解を促す方法
・セルフケア指導
・ケア物品の選び方
・口腔ケアにおける最新の流れ
・多職種連携のコツ


※講義中休憩は適宜はいります
※講義内容は予告なく変更する場合があります

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お申込みについてのご案内
※こちらのセミナーは割引クーポンはご利用いただけません。
・お申込みは先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。

・お申込み後のキャンセルは下記へお電話にてご連絡ください。
■□ナース専科セミナー運営事務局□■
(TEL:0120-938-797)平日10:00~18:00

講師紹介

岐阜市民病院 がん診療局長
澤 祥幸 先生



国立がん研究センター中央病院 歯科 医長
上野 尚雄 先生


中井 康雄 先生(三重大学医学部附属病院 皮膚科)
小林 やよい 先生(三重大学医学部附属病院 がん化学療法看護認定看護師)
ほか、歯科衛生士登壇予定

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 ーがん患者さんの治療継続を支援するためにー抗がん薬治療の副作用軽減を目的とした皮膚障害と口腔粘膜炎へのケアのポイント
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
代表者氏名ふりがな
参加代表者のお名前ふりがなをご記入ください
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数
※半角数字でご記載ください
性別 男性女性
日中ご連絡先
例)03-xxxx-xxxx
診療科目
同行者氏名
※1人1行でご記載ください
同行者の役職もご記入ください
同行者かな
※1人1行でご記載ください
勤務先名称
部署名
役職
自宅住所 -

自宅電話番号
備考
看護経験年数
※お申込み後、セミナー当日のご案内状とご請求書をお送りいたします。ご希望される郵送先をご記入ください。(上記住所希望の場合は同上とご記入ください)
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら