HOME » セミナー・研修を探す » がんのリハビリテーション-臨床と研...

がんのリハビリテーション-臨床と研究の実際-

がん患者のリハビリテーションに従事する医療者が押さえておくべき、基礎知識について学ぶことができる講演会
対象 医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、その他
分野 リハビリテーション、高齢者リハビリテーション、居宅系サービス
開催日時
会場
2017年10月15日 (日) 開始:10:00 | 終了:16:30 | 開場:09:30
会場名:ウェルネス教育研修センター
住所: 大阪府 大阪府 東大阪市岩田町1-1-43 1F 072-965-7788[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 神戸大学医学部付属病院リハビリテーション部 理学療法士
井上 順一朗先生
定員40名
主催 医療法人寿山会
受講料 8,000円
事前振込み:8000円 当日支払い:9000円   ※振込確認メールを受信されていない方は、当日振込領収書を必ずご持参下さい。 ※受講費のお支払は銀行振り込みにさせて頂いております。  振込が困難であり、当日支払いの方は別途料金が発生いたします。  会場にて現金でお支払い下さい。
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=53493

講義概要

1981年以降、わが国における死亡原因の1位はがんが占めております。2012年

に診断されたがん患者はおよそ86万5千人であり、現在では男性の2人に1人、女

性の2.5人に1人ががんに罹患し、男性の4人に1人、女性の6人に1人ががんで死

亡すると推計されています。また、2014年のがんによる年間死亡者数はおよそ

36万8千人と年間死亡者数の約3分の1に相当します。さらに、予測がん罹患数に

関しては2015年には約98万2千人であり、2014年の予測がん罹患数より約10万

人増加しております。

一方、近年では診断技術や治療法の進歩に伴い、がん患者の生存率は向上して

きており、2006年から2008年にがんと診断された患者「がんサバイバー」の5

年相対生存率は62.1%と増加しております。さらに2015年時点でのがん生存者

数は、「がんの2015年問題」として予測されていた数値を上回り、約533万人

と増加をみせています

このような状況を踏まえ、国を挙げてがん対策を推進し充実させる計画が策定

されております。具体的には、全国で専門的ながん治療が受けられる体制づくり

をめざす「がん対策基本法」が2006年6月に成立しました。また、同法に基づき

2007年に「第1次がん対策推進基本計画」、2012年に「第2次がん対策推進基本

計画」が策定されております。

このように法的整備が行われ、がん診療体制の充実が進められるなか、リハビリ

テーション領域では、2010年4月の診療報酬改定において「がん患者リハビリ

テーション料」が新設されました。また、「第2次がん対策推進基本計画」で

は、「運動機能改善や生活機能の低下予防に資するよう、がん患者に対する質の

高いリハビリテーションに積極的に取り組む」ことが分野別施策として盛り込ま

れております。このことで、がん自体に対する治療のみならず、症状緩和や身

体・精神面のケアから自宅療養、社会復帰支援などの社会的な側面までサポート

するために、がん患者に対するリハビリテーションへの更なる取り組みが求めら

れています。

 そこで今回の研修会では、がん患者のADL・QOL向上や早期の社会復帰が実

現できるように取り組まれている井上順一朗先生にお越しいただきます。主に、

がん患者のリハビリテーションに従事する医療者が押さえておくべき、化学療

法・放射線療法、周術期、緩和期、骨転移等におけるがんのリハビリテーション

の基礎知識についてお話していただきます。さらに、臨床や研究の実際、および

最新のトピックスについてもご紹介していただきます。

講師紹介

神戸大学医学部付属病院リハビリテーション部 理学療法士
井上 順一朗先生


がん患者のADL・QOLl向上や早期の社会復帰が実現できるように取り組まれている

・第49回日本理学療法学術大会では「がん患者のストレス抑制に対する運動療法効果」
・2011理学療法ジャーナルにて「造血幹細胞移植患者における理学療法介入の意義」
・2012「乳がん患者のQOLと運動療法」
・2013「胸腹部疾患術後の理学療法と安全管理」等、学会発表や論文掲載をされている

書籍
・「がんの理学療法」

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 がんのリハビリテーション-臨床と研究の実際-
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
代表者氏名ふりがな
参加代表者のお名前ふりがなをご記入ください
ニックネーム
※サイト内の呼称に使用いたします。(10文字以内)
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数
※半角数字でご記載ください
携帯電話番号
例)090-xxxx-xxxx
自宅住所 -

経験年数
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら