HOME » セミナー・研修を探す » ★東京★『HIT-Bit 1Day...

★東京★『HIT-Bit 1Dayセミナー』 ★ 結果にコミットする!現場みずから進化し続ける自律組織づくりの方程式~『病院羅針盤』『医療タイムス』に連載中~

★「指示されたことしかしない」「みずから気づこうとしない」「改善提案が挙がってこない」「業務に傍観者的な職員がいる」「もっと患者さんに寄り添ってほしい」・・・・・・そんな組織を、自律進化組織に変えるための、どんな現場でも導入することができるシンプルな方法をご紹介します。   ★『日経ヘルスケア』『月刊新医療』『Phase3』でも紹介され、『医療タイムス』『病院羅針盤』で連載中の『HIT-Bit』 わずか2カ月で、現場から、どんどん新たな気づき・相談・提案・実践が生まれる、強力な自律組織になる方法を公開します。 ディズニー、リッツカールトンで、従業員のモチベーションが高く、みずから気づき工夫し実践し続ける秘訣はなにか存知ですか? その仕組みを、医療現場に導入できる、今日からできる知識も技術も資格も経験も費用も時間もかからない方法を明らかにします。
対象 医師、看護師、医事課、歯科医師、理学療法士
分野 経営管理、リーダーシップ・人材育成、患者サービス、業務改善、病院経営その他
開催日時
会場
2017年10月17日 (火) 開始:13:30 | 終了:16:30 | 開場:13:10
会場名:北とぴあ
住所: 東京都 北区王子1-11-1 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 患者サービス研究所
三好 章樹
定員10名
主催 患者サービス研究所
受講料 4,000円
参加費手続および会場の詳細は、お申込み後にご連絡します。 メールアドレスをご記載ください。 ■自律型組織を創るための全組織的施策についてのセミナーです。おもに、上層部・お役職者の方々が対象です。上記以外でご参加希望の方は、患者サービス研究所まで、ご一報ください。
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=54313

【結果にコミットします!こんな課題を感じている方に朗報です】

54313「職員が指示・命令されたことだけをやればよいと考えている」
「自分から気づいたり、考えたりしない」
「現場の職員たちから、なかなか改善提案が上がって来ない」
「新たな取組には、忙しいといって反発する」
「職員間の連携ができていない」
「初歩的なクレームが減らない」
「ヒヤリハットが挙がって来ない」
「役職者が、現場の職員の心情を掌握できていない」
「退職が減らない」
このような現場からも、わずか2ヶ月で、新たな気づき・相談・提案・実践が生まれてくるようになります。
HIT-Bitでは、
上層部や上司から指示や命令をされなくても、職員がみずから気づき工夫し実践する、モチベーションの高い組織が実現します。

【HIT-Bitによる事例】

■HIT-Bit開始3ヶ月後。ある患者さんが、正月を実家で過ごすため、患者さんがリハビリで、杖をついて歩く練習をしている様子を写真に撮って色紙に貼りプレゼント。脳梗塞により全介助で入所されてきた経緯があったため、正月に子・孫・ひ孫が集まったご実家では親族一同、涙を流して喜んだと、ご本人からの報告あり。
■HIT-Bit開始2ヶ月後、事故で入院され意識回復した高齢の患者さんが、ご家族の都合で遠方の病院へ転院することに。病棟看護師が協力し合って、患者さんを励ますため、病棟での写真を一緒に撮り寄せ書きをしたアルバムをプレゼント。
■HIT-Bit準備段階の栄養科にて。新人職員の提案で、部署内での勉強会がスタートした。翌月には、もう一人の職員からも提案があり、現在、月例会議の中で、上記2人により、ショート勉強会が継続中。
■HIT-Bit準備段階の訪問看護ステーションにて。職員の表情が穏やかになった、との報告。準備開始早々に、現場の風通しが良くなり、患者さんやご家族についての話題が飛躍的に増えたとのこと。他部署からも同様の報告多数。
■HIT-Bit開始2ヶ月後のリハビリテーション科。毎日HIT-Bitをしているが、意見交換が盛んになり時間内に終わらないことがあるが、どうすれば良いか?との質問があるほど職場が活性化。
■HIT-Bit開始2ヶ月後の病棟。毎日HIT-Bitをしているが、意見は旺盛に上がるものの患者さんの心に響く事例がまだ生まれないので、どうすれば良いか教えて欲しい、との質問があがるほど職場が活性化。
■HIT-Bit開始後3ヶ月後の病棟。感染症病棟からの廃棄物の流れについて疑問が新入職員から上がり、即時、見直し。数年来のリスクが解消し、医療安全が向上。
■HIT-Bit開始6ヶ月後。半年間のHIT-Bitの振返りを発表するため、看護部各部署が、お互いに協力しあい、盛り上がって話し合いながら準備していた様子に、看護部長から、「確実にこれまでになく明るい雰囲気になった」とのコメント。
・・・・・・ほか多数

【患者サービス研究所の『HIT-Bit』の特徴】

54313■特徴1 指示・命令をせずに活性化します。
指示や命令は、職員の心の元気を失くし、モチベーションを損なうだけです。
指示命令することなく、職員がみずから気づき工夫し実践する組織風土を創ります。
■特徴2 確実に接遇を向上します。
数値で測定できないことは、絶対に向上できません。
そして、モチベーションやホスピタリティも、客観的に数値で測定し検証することができます。だからこそ、より良く、さらに良く、ドラマが生まれる組織風土を創ることが可能となるのです。
■特徴3 心に響く接遇づくりが永続します。
一時的な取組では、組織は変わりません。
組織風土が変わり、心に響く接遇が永続するためには、それが職員の価値観となり、「習慣化する仕組み」があります。
………したがって、二度と、「ああして下さい、こうして下さい」と現場を牽引する必要はありません。なぜなら、現場がみずから気づき工夫し実践するようになるからです。

■『Phase3』『日経ヘルスケア』『月刊新医療』『病院安全教育』『クリニックBAMBOO』などでも紹介されています。
現在、『医療タイムス』『病院羅針盤』にて、HIT-Bitプログラムの詳細について好評連載中。

【みずから気づき工夫し実践する組織になれない原因】

54313《原因1》
上層部の「みずから進化する自律組織を望んでいる」という想いが伝わっていないから。
だれしも担当業務に専念することに精一杯になってしまうため、「さらなる向上を」という想いが伝わりにくいものです。
上層部の強烈な想いが伝われば、現場は確実に変わります。
《原因2》
「自律組織になれ」と指示・命令したり、教育しているから。
指示や命令によらず、みずから気づき工夫し実践する組織にしたいのであれば、指示・命令をしたり、クレドや理念を押し付けることは正反対の行為です。
《原因3》
モチベーションを向上していないから。
モチベーションには2つあります。一つは、義務感や使命感に訴えて「やらなければならない」と思わせるモチベーション。もう一つは、「お金じゃない」「理屈じゃない」と感じるモチベーション。
「お金じゃない」「理屈じゃない」というモチベーションを持たせなければ、自律組織にはなりません。

■無料Webセミナーをアップしています。ご参考にご覧ください。
http://www.pcs-c.com/WS19770514.html

講師紹介

54313
患者サービス研究所
三好 章樹

指示・命令がなくても、みずから気づき工夫し実践する組織になるには、職員一人ひとり、正しいかどうか、必要かどうか、得かどうか、といった判断ではなく、「お金じゃない」「理屈じゃない」「だけど、自分はどうしても、もっとより良くしたい」という価値観が、不可欠です。
そのために必要なのは、教育でも研修でも指示でも命令でもありません。
職員の心を元気にして、目が輝くようにすることです。

HIT-Bitでは、職員が「ああでもない、こうでもない」と、より良くなるよう話し合う組織風土を創ります。
自由参加にもかかわらず、ほぼすべての職員がみずから気づき工夫し実践する組織になります。
だからこそ、業務や医療安全の向上のみならず、患者さんが涙を流して喜んだり、手を握って感謝するといった、感動的な接遇が次々と実現するのです。さらには、風通しの良い職場環境が生まれ、職員にやりがいと誇りがもたらされることで、定着率が向上します。


【ご注意ください】
■自律型組織を創るための全組織的施策についてのセミナーです。したがって、上層部・お役職者の方々(理事長・院長・看護部長・事務長・教育研修部門ご担当者など)が対象です。
■上記以外の方および、研修・セミナー・コンサルティング事業部門、人材ビジネス事業部門をお持ちの会社様に所属されている方々は、エントリーをご遠慮ください。


患者サービス研究所 三好章樹
■研修・コンサルティング実績
国立大学附属病院様、国立病院機構様、社会保険病院様、赤十字病院様、済生会病院様、私立医科大学付属病院様、県立病院様、市立病院様、医療法人様、福祉施設様、健診センター様ほか多数。
■著書
『病院・クリニックの現場改善マニュアル』(ぱる出版)
『医療現場を変える接遇力』(共著/医療タイムス社)
『医療接遇スーパーバイザー実践読本』(日総研出版)
■TV出演
『ホンマでっかTV』(フジテレビ)
■連載実績
『クリニックばんぶう』、『MEDICAL LEPIOS』、『医療タイムス』、『神奈川県保険医新聞』、『月刊保険診療』、『病院安全教育』、『Phase3』ほか。

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 ★東京★『HIT-Bit 1Dayセミナー』 ★ 結果にコミットする!現場みずから進化し続ける自律組織づくりの方程式~『病院羅針盤』『医療タイムス』に連載中~
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
ニックネーム
※サイト内の呼称に使用いたします。(10文字以内)
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数 1名
このセミナーは一回のお申し込みで1名のみお申し込みできます
勤務先名称
勤務先電話番号
例)03-xxxx-xxxx
部署名
役職
課題やご要望がありましたら、お書きください。
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら