HOME » セミナー・研修を探す » 指導困難な学生への支援と学級・学校...

指導困難な学生への支援と学級・学校づくりの秘訣

教授活動の土台となる「学級づくり」の考え方やポイントをわかりやすく解説
対象 看護師、介護職
分野 リーダーシップ・人材育成、患者サービス、業務改善、臨床看護、診療・診察技術
開催日時
会場
2018年01月07日 (日) 開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:20
会場名:日本赤十字社ビル 2F 201会議室
住所: 東京都 港区芝大門1-1-3 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 新井 英靖 先生
茨城大学 教育学部 准教授
定員80名
主催 e-nus
受講料 12,000円
詳細はHPをご覧ください。 http://www.e-nus.jp/seminar/527/
資料1 資料
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=54328

お申込みについて

・3名様以上のお申込みで,お一人様1,000円割引。5名様以上のお申込みで,お一人様2,000円割引。
・昼食は各自でご用意ください。
・参加人数が少ない場合は中止になることがございます。あらかじめご了承ください。

次のようなこと(学生)でお悩みの看護教員にオススメです。

● 学生同士が仲悪く,授業(協同学習)や実習で協力し合えない
● 学習に集中できない,クラスに馴染めない学生の支援に手を焼く
● 静かすぎて対話がない,ざわつきが収まらない,秩序を乱す学生がいるクラスの運営・授業が難しい
● 学校で怒られたことを親に伝え,親が過剰に干渉してくる
● 人の話を聞く,情報を整理する,文章としてまとめるのが苦手
● 情動が激しい(落ち込んだり,泣いたり,キレたりする)学生
● 学校の風土やカラーを一新していきたい
● そろそろ担任を任されそうで不安……

ねらい・プログラム

 すぐに諦めたり投げ出したりする,学生同志の関係が希薄で,お互いが協力し合えない,現役学生よりも精神面が未熟な社会人経験者など,今どきの多様な学生が混在する集団を「共に学ぶ仲間」にしていくために,教員は何をしていけばいいのでしょうか? また,同じ間違いを繰り返す,人の話が聞けない・理解できない,感情のコントロールができない,情報をうまく整理できないなど,学習困難のある学生にどのような支援ができるのでしょうか?
 
 このセミナーでは,学び合う集団形成のための「学級づくり・学級運営」「指導困難な学生への支援」について,その考え方から具体的な支援の方法までを新井先生にご解説いただきます。

午前(10:00~12:00)
 ●本当に発達障害なのか?
 ●発達障害の特徴から考える学生指導の方法
 ●情緒不安定と家族との関係
 ●学びがいのある授業を展開する
 ●大学・専門学校における困難の特徴と対応

午後(13:00~16:00)
 ●学級は「集団」で形成される
 ●まずは「学校」の雰囲気づくりから
 ●「学級を経営する」という意識
 ●「学年を経営する」という意識は必要か?
 ●授業をとおして学級をつくる
 ●まとめ:学級・集団・社会をつくる

講師紹介

新井 英靖 先生
茨城大学 教育学部 准教授

東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了。東京都立久留米養護学校教諭を経て2000年から茨城大学教育学部講師。2007年より現職。2011年教育学博士号を取得。著書には『考える看護学生を育む授業づくり』(メヂカルフレンド社)『コミュニケーション力を育てる授業づくり』(明治図書出版)『アクティブ・ラーニング時代の看護教育』(ミネルヴァ書房)ほか多数。全国の看護教員への指導や看護系学会での講演,看護系雑誌への執筆など幅広くご活躍中。専門は教育方法学,障害児教育。

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 指導困難な学生への支援と学級・学校づくりの秘訣
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
代表者氏名ふりがな
参加代表者のお名前ふりがなをご記入ください
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数
※半角数字でご記載ください
性別 男性女性
年齢
日中ご連絡先
例)03-xxxx-xxxx
携帯電話番号
例)090-xxxx-xxxx
診療科目
同行者氏名
※1人1行でご記載ください
同行者の役職もご記入ください
同行者かな
※1人1行でご記載ください
勤務先名称
勤務先住所 -

都道府県


市区町村以下
勤務先電話番号
例)03-xxxx-xxxx
部署名
役職
自宅住所 -

自宅電話番号
備考
受講票送付先(自宅・勤務先)をご指定ください。勤務先を希望される場合は,必ず所属科(消化器外科,西5病棟)もお知らせください。
参加動機や期待する内容についてご記入ください。
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら