HOME » セミナー・研修を探す » 思考の扉を開く質問による関わり方

思考の扉を開く質問による関わり方

〜看護コーチは答えを持たずに問いを持つ〜
対象 看護師
分野 リーダーシップ・人材育成、患者サービス、臨床看護、終末期医療、臨床看護その他
開催日時
会場
2017年12月15日 (金) 開始:13:00 | 終了:16:30 | 開場:12:45
会場名:日立システムズホール仙台
住所: 宮城県 仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5 022-276-2110[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 一般社団法人日本看護コーチ協会理事
福島規久夫
定員20名
主催 一般社団法人日本看護コーチ協会
受講料 8,000円
会員5,000円、非会員8,000円(税込)当日払い ※当日会員申込み頂いた方も会員価格となります。
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=55762

思考の扉を開く質問による関わり方

55762看護管理、人財育成、新人指導に「質問」を活かしてみませんか?

私たち看護師は、医療の現場で多くの質問をする機会があります。

患者さんに対しては、
・食欲はありますか?
・気分は悪くないですか?
また、スタッフや新人に対しては、
・勉強会、出る?
・なんで確認しないの?
・なんで上手くいかないの?
これらの質問は、すべて「はい」「いいえ」「すみません」で返答できます。

今回の公開講座では、これらの質問の「質」を高めると、同じ状況からもっと多くの情報を引き出せたり、もっと多くの可能性を見出せたりすることを学びます。

実際に、質問の「質」を変えると、上記の質問は以下のようになります。
・食欲はありますか?食欲がないときはどのような時ですか?
・気分は昨日と(あるいは午前中と)比べてどうですか?
・もしこの勉強会に出席したらどんなものが手に入る?
・この失敗から何を学べた?
・上手くいかせるために、なにができる?

いかがですか?あなたの思考の扉はどのように変化したでしょうか。
質の高い質問は、洗練された思考を生み出します。

公開講座では、コーチングとは何か?という基本的なことから、指示・命令・アドバイスとコーチングの違いや、質の高いコミュニケーションを作り出すコツを体験型の研修で実践して頂き、明日からすぐに使える実践的なかかわり方をお持ち帰り頂きます。

看護管理、人財育成、新人指導に活かしたい方は、ぜひご参加ください。
看護コーチを含めたスタッフ一同、お待ちしています。

講師紹介

55762
一般社団法人日本看護コーチ協会理事
福島規久夫

大学卒業後、専門商社、外資系銀行に勤務。その後コーチとして独立。述べ2500時間以上のコーチングを実施。定期的にマインドフルコーチングワークショップ開催中。また研修トレーナーとしても10000人以上の受講者に対して、コーチング、コミュニケーション、人材育成等の研修を提供。ICF(国際コーチ連盟)プロフェッショナル認定コーチ。東北大学病院心外医師向けにコーチングワークショップ開催、医師とのコーチング経験を活かし、看護師向けトレーニング実施中。

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 思考の扉を開く質問による関わり方
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
代表者氏名ふりがな
参加代表者のお名前ふりがなをご記入ください
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数
※半角数字でご記載ください
性別 男性女性
日中ご連絡先
例)03-xxxx-xxxx
携帯電話番号
例)090-xxxx-xxxx
同行者氏名
※1人1行でご記載ください
同行者の役職もご記入ください
同行者かな
※1人1行でご記載ください
備考
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら