HOME » セミナー・研修を探す » 【仙台】利用者・家族との連携におけ...

【仙台】利用者・家族との連携における相談員・ケアマネの問題解決力アップ~6つのポイント

高齢者ケア相談職のためのソーシャルワーク基本研修Ⅲ
対象 介護職、その他
分野 施設経営管理、介護技術、高齢者リハビリテーション、居宅系サービス、介護・施設経営その他
開催日時
会場
2017年12月15日 (金) 開始:10:30 | 終了:16:00 | 開場:00:00
会場名:フォレスト仙台
住所: 宮城県 仙台市青葉区柏木1-2-45 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 福祉と介護研究会35 代表
梅沢佳裕
定員25名
主催 福祉と介護研究会35
受講料 8,000円
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=55811

研修のねらい

特養・老健・デイサービスでは介護現場と利用者家族のニーズの食い違いなどから、クレームやトラブルも非常に増え続けているという現実も無視できない問題となっています。
相談員やケアマネジャーは、この様な事態を未然に防ぎ、また発生したトラブルには正面から向き合うなかで、ソーシャルワークを活かした対応(調整)を行うことが期待されています。この研修では、利用者家族との連携に係る相談援助職の問題解決に必要な重要ポイントを説いていきます。相談員・ケアマネの入門向け・基本に沿った易しい内容に構成してあります。

研修内容

Ⅰ 多職種連携の分業と協業(協働)の特性を活かした取り組み
・他職種と役割分担をするのか、フォローし合うのか!?
・利用者家族・現場・ケアマネ&相談員の関係図
・多職種連携における相談援助職の役割と期待
・特養・老健・デイサービスにおける職員間の役割分担事例
Ⅱ 利用者・家族との連携~基本手法となる6つの重要Point
①クレーム(怒り・不満・過剰な要望)の対応
・コンフリクトマネジメント
②状況報告・支援経過などの説明責任の重要ポイント
③利用者・家族の想いの代弁
・どの様なアプローチの仕方? 何を代弁するの?
④家族と職員間のコーディネート~スキルの活かし方
⑤本人家族の理解と意向確認
・看取り場面(入所施設事例) ・入浴場面での意向の再確認(デイ事例)
⑥家族機能(システム)の重要性と活かし方

講師紹介

55811
福祉と介護研究会35 代表
梅沢佳裕

介護専門学校の助教員を経て、特別養護老人ホーム、在宅介護支援センター相談員を歴任し、デイサービスやグループホームの立上げに携わる。
現在は、介護士・相談員・ケアマネ向けスキルアップ研修など多数の講演活動を行なっている。
東北福祉大学社会福祉学部、日本福祉大学大学院社会福祉学専攻修了、社会福祉学修士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター
主な著書・監修/「生活相談員その役割と仕事力」(雲母書房)、「通所介護計画のつくりかた」(雲母書房) 雑誌:介護チームマネジメント(日総研)など

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 【仙台】利用者・家族との連携における相談員・ケアマネの問題解決力アップ~6つのポイント
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
代表者氏名ふりがな
参加代表者のお名前ふりがなをご記入ください
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数
※半角数字でご記載ください
日中ご連絡先
例)03-xxxx-xxxx
携帯電話番号
例)090-xxxx-xxxx
同行者氏名
※1人1行でご記載ください
同行者の役職もご記入ください
同行者かな
※1人1行でご記載ください
勤務先名称
勤務先住所 -

都道府県


市区町村以下
勤務先電話番号
例)03-xxxx-xxxx
自宅住所 -

自宅電話番号
受講票の送り先のご住所をご記入下さい。(勤務先又は自宅かをお書き下さい)
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら