HOME » セミナー・研修を探す » 病院・施設・在宅における転倒予防~...

病院・施設・在宅における転倒予防~評価とアプローチを考える~

対象 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
分野 リハビリテーション、高齢者リハビリテーション
開催日時
会場
2018年01月08日 (月) 開始:12:45 | 終了:17:15 | 開場:12:30
会場名:神戸リハビリテーション福祉専門学校
住所: 兵庫県 兵庫県神戸市中央区古湊通1丁目2−2 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 医療法人寿山会
福田圭志先生
定員36名
主催 株式会社Work Shift
受講料 8,000円
2018年1月8日 (月) 開始:12:45 | 終了:17:15 | 開場:12:30
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=56257

転倒予防の基本と応用を学びます

在院日数短縮
在宅復帰率向上
在宅生活維持
が日本の医療・介護における大きなテーマになっております。

これらのテーマを実現するためには、医療機関・施設・在宅において質の高いケアを提供する必要があります。

質の高いケアの中でも、重要なものとして「転倒予防」が挙げられます。


転倒により骨折や活動性の低下が生じることや転倒が在宅復帰や在宅生活の維持の阻害因子ことが明らかになっています。

したがって、リハビリテーションに携わる理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、介護職にとって、「転倒予防」に関する知識や技術はぜひとも身に着けておきたい技術の一つです。

従来の転倒予防は、離床センサーを配置する、手すりを付ける、生活範囲を狭めるなどの消極的なアプローチが中心をなしていました。

また、「転倒予防」は、心身機能だけでなく、環境面や疾患のコントロールなど幅広いアプローチが必要となります。

本セミナーでは、「転倒予防」に関する研究や臨床アプローチを行っている福田圭志先生をお迎えして、「転倒予防」に関する実践的評価や解決方法について解説を頂きます。

講師紹介

医療法人寿山会
福田圭志先生

<資格>
理学療法士
転倒予防指導士
地域包括ケア推進リーダー
介護予防推進リーダー

<学会発表>
第52回近畿理学療法学術大会
「健常者における後方ステップ時の下肢・体幹筋の筋活動について−下肢・体幹の筋活動開始に着目して−」
福田圭志、光田尚代、高木綾一、鈴木俊明
など学会発表多数

<論文>
福田圭志・他:地域在住高齢者の後方転倒と転倒リスク評価に関する横断研究.日本転倒予防学会誌4(1):53-59,2017.

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 病院・施設・在宅における転倒予防~評価とアプローチを考える~
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数 1名
このセミナーは一回のお申し込みで1名のみお申し込みできます
勤務先名称
自宅住所 -

職業
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら