HOME » セミナー・研修を探す » 人口減少社会に向け医療・介護はどう...

人口減少社会に向け医療・介護はどう変わるのか

-どのような視点を持って、今後の変化に対処すべきか-
対象 医師、看護師、医事課、介護職、その他
分野 経営管理、病院経営その他、施設経営管理、介護・施設経営その他、医療関連サービス企業その他
開催日時
会場
2018年01月17日 (水) 開始:13:00 | 終了:16:00 | 開場:00:00
会場名:紀尾井フォーラム
住所: 東京都 千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 国際医療福祉大学 医療福祉学部 学部長
高橋 泰(たかはし たい) 氏
定員60名
主催 (株)新社会システム総合研究所
受講料 32,400円
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=56732

【重要講義内容】

2010年から2040年にかけて若年人口は3000万人減少し、後期高齢者は1000万人増加する。このような急速な変化に対応するには、(1)医療・介護の生産性を大幅に向上させる、(2)後期高齢者が省エネ型のライフスタイルを実践することが、不可欠である。
講演では、未来投資戦略2017で示されたICTやハイテク機器を用いて生産性の上がった2025年の医療介護現場のあるべき様子や、医療介護の利用量が少ないが人生の満足度が高い2025年の高齢者の標準的な老い方・死に方を紹介する。

1.今後日本の人口構成はどのように変化していくのか

2.地域医療構想と医療・介護提供体制の変化

3.AIやハイテク活用による医療の生産性の向上と効率化

4.未来投資戦略2017

5.個人の生活、老い方、死に方、はどのように変わるか

6.上記の変化に対する各病院の経営戦略について

7.質疑応答

講師紹介

国際医療福祉大学 医療福祉学部 学部長
高橋 泰(たかはし たい) 氏

1986年 金沢大学医学部卒、東大病院研修医(1内、3内、2内、麻酔科)、東京大学医学系大学院(医学博士(医療情報))、米国スタンフォード大学アジア太平洋研究所客員研究員、ハーバード大学公衆衛生校武見フェローを経て、1997年より国際医療福祉大学教授、2004-8年医療経営管理学科長、2009-15年大学院教授、2016年4月より現職。2016年9月より安部内閣未来投資会議の構造改革徹底推進会合の医療福祉部門の副会長を務める。

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 人口減少社会に向け医療・介護はどう変わるのか
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数 1名
このセミナーは一回のお申し込みで1名のみお申し込みできます
勤務先名称
勤務先住所 -

都道府県


市区町村以下
勤務先電話番号
例)03-xxxx-xxxx
勤務先FAX
例)03-xxxx-xxxx
部署名
役職
ご意見・ご要望
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら