HOME » セミナー・研修を探す » 【大阪】介護記録の基本とケアプラン...

【大阪】介護記録の基本とケアプランに沿った書き方

対象 介護職
分野 施設経営管理、介護技術、高齢者リハビリテーション、居宅系サービス、介護・施設経営その他
開催日時
会場
2018年01月17日 (水) 開始:10:30 | 終了:16:00 | 開場:00:00
会場名:大阪府社会福祉会館
住所: 大阪府 大阪市中央区谷町7-4-15 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 福祉と介護研究会35 代表
梅沢佳裕
定員30名
主催 福祉と介護研究会35
受講料 8,000円
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=56847

研修のねらい

多忙な介護業務の中で、記録は業務効率化の重要な課題とされています。
記録の目的と正しい書き方の基本を知ることで、時間を費やさずに伝わる文章を書くことができます。
どこをどのように書けばコンプライアンス(法令順守)に沿った介護記録になるのか・・・、日々悩んでおられる皆さまに、事例・文例を交えて「書き方のルールとコツ」をわかりやすくお伝えいたします。

研修内容

■記録の目的と種類
 ・情報を記録として残すのはなぜか?
 ・介護サービスを積み重ねる記録
 ・振り返りとはどう行うのか?
 ・記録の種類
■介護記録の書き方のコツ
 ・「どう書くか」ではなく「何を書くか」が大切
 ・記録を書くための観察ポイント
 ・見たままの事実を書くというルール
 ・曖昧な表現とは?(頻回に…促す…などのタブー語)
 ・リスクマネジメントの記録とはどう書くのか?
■使える文例のポイント解説
 ・食事、入浴、排泄、認知症ケアなどの記録の改善例
 ・ケアプランを意識した記録の書き方

講師紹介

56847
福祉と介護研究会35 代表
梅沢佳裕

介護専門学校の助教員を経て、特別養護老人ホーム、在宅介護支援センター相談員を歴任し、デイサービスやグループホームの立上げに携わる。
現在は、介護士・相談員・ケアマネ向けスキルアップ研修など多数の講演活動を行なっている。
東北福祉大学社会福祉学部、日本福祉大学大学院社会福祉学専攻修了、社会福祉学修士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター
主な著書・監修/介護記録の書き方(雲母書房)・早わかり介護なんでも解決辞典(主婦の友社) 雑誌:介護チームマネジメント(日総研)など

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 【大阪】介護記録の基本とケアプランに沿った書き方
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
代表者氏名ふりがな
参加代表者のお名前ふりがなをご記入ください
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数
※半角数字でご記載ください
日中ご連絡先
例)03-xxxx-xxxx
携帯電話番号
例)090-xxxx-xxxx
同行者氏名
※1人1行でご記載ください
同行者の役職もご記入ください
同行者かな
※1人1行でご記載ください
勤務先名称
勤務先住所 -

都道府県


市区町村以下
勤務先電話番号
例)03-xxxx-xxxx
受講票の送り先のご住所をご記入下さい。(勤務先又は自宅かをお書き下さい)
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら