HOME » セミナー・研修を探す » 非臨床PK/PD解析の必要性とその...

非臨床PK/PD解析の必要性とその解析法、および臨床開発への貢献 -解析練習を用いた実践的なPK・PD解析演習付き-

対象 医師、看護師、医事課、薬剤師、その他
分野 臨床看護、診療・診察技術、臨床看護その他、医療関連サービス企業その他
開催日時
会場
2018年02月14日 (水) 開始:10:30 | 終了:16:30 | 開場:10:00
会場名:[東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階F会議室
住所: 東京都 〒144-0035 大田区南蒲田1-20-20 大田区産業プラザ(PiO)[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 (旧武田薬品工業 パートナシップ・リサーチ・センター ) 現 Axcelead Drug Discovery Partners
田川 吉彦 氏
定員30名
主催 株式会社 情報機構
受講料 51,840円
1名51,840円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,040円
*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

以下、申込要領をご了承のうえお申込み下さい。

<申込要領>
※受講料のお支払いは、原則として開催日までにお願いいたします。
  当日会場でのお支払いも可能です(請求書に同封の振込連絡書にてその旨ご連絡下さい)。

※申込後、ご都合により講習会に出席できなくなりました場合は、代理の方がご出席ください 。
 止むを得ず欠席の場合、弊社事務局迄ご連絡下さい(受付時間9:00-17:00)。
 以下の規定に基づき、料金を申し受けます。
 開催日から逆算(土日・祝祭日を除く)して、
  講座5日前以前での欠席のご連絡:受講料は頂戴いたしません
  講座3日前~4日前での欠席のご連絡:受講料の70%
  講座当日~2日前での欠席のご連絡:受講料の100%
  セミナー開始後のご連絡なき場合の欠席:受講料の100%
※最小催行人数に満たない場合等、事情により中止になる場合がございます。
   講座の中止・延期に伴う、会場までの宿泊費・交通費等(キャンセル料含)の補償は
   致しかねますのでご了承ください。

詳細は http://www.johokiko.co.jp/seminar_medical/AA180217.php
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=57924

セミナーポイント

■講座のポイント 
このセミナーでは製薬企業の非臨床段階で導入されつつある薬物動態(PK)/薬力学(PD)解析の概念と解析法、Modeling & Simulation(M&S)について、GABA調整薬の薬剤耐性機能解析で適用したラットにおけるPK/PDモデリングを具体例として考察、実際のデータを用いてPK/PD解析を実施するともに、母集団解析(Population modeling)の基礎と有用性、さらには弊社Translational Medicine活動の現状について紹介したい。

■受講後、習得できること・PK/PD解析の概念と必要性
・in vivo PK/PD解析の方法と評価法
・in vivo PK/PD Modeling & Simulation (M&S)
・母集団解析(Population modeling)の概念と基礎


■講演中のキーワードPK/PD解析、Modeling & Simulation、母集団解析(NONMEM法)、Translational Medicine   

■演習用PCについて
 本セミナーで使用するPCは弊社にて準備致します。
 ・お手持ちのPCをご希望の際は、お申込み備考欄に「PC持ち込み希望」とご記載ください。
 ・開催が確定し次第、準備して頂きたい環境などご連絡いたします。

講演プログラム

■講演プログラム 
1. PK/PD解析の概念と必要性
1-1. PK/PD解析の定義
1-2. PK/PD解析はなぜ必要か?経緯
1-3. PK/PD解析の問題点 - 反時計回りの履歴現象 ?
1-4. PDモデルの種類と選択
1-5. PK解析とPD解析の違い ? ベースラインの考慮 -

2. PK/PD解析の方法と実際
2-1. PK/PD解析を用いたGABA調整薬の薬剤耐性機序の解明
(・癲癇モデルラットを用いたMechanism based in vivo PK/PDモデリング)
2-2. PK/PD解析の練習 ?血中濃(PK)と酵素反応(PD)の解析 -
・MS-Excelのマクロ機能を用いたPK解析
コンパートメントモデル解析(微分系と積分系)
・MS-Excelのマクロ機能を用いたPK/PD解析1
Sequential fittingとSimultaneous fitting
・モデル解析の結果解釈
・最適投与設計の提案(Simulation)
・MS-Excelのマクロ機能を用いたPK/PD解析2
Effect CompartmentモデルとIndirect Responseモデル

(解析用のデータとモデリング・シミュレーション用マクロはセミナー時に提供)
3. 母集団解析(Population modeling)の概念
3-1. 母集団解析(Population modeling)とは?
3-2. Population modelingとNONMEM法について
3-3. NONMEMを用いた解析結果の読み方
3-4. NONMEMを用いたModeling & Simulation

4. Translational Medicineについて
4-1. 弊社におけるTranslational Medicineへの取り組みについて

5. Modeling & Simulationの今後について
5-1. 生理学的薬物動態解析
5-2. 定量的システムファーマコロジー

講師紹介

(旧武田薬品工業 パートナシップ・リサーチ・センター ) 現 Axcelead Drug Discovery Partners
田川 吉彦 氏

■経歴
1993年 東京農工大学農学部獣医学科卒業
同年 獣医師免許取得
同年 武田薬品工業株式会社入社 薬剤安全性研究所所属
2000年 博士号(獣医学、岐阜大学)取得
2004年 オランダ王国Leiden-Amsterdam Center for Drug Research留学
2005年 同社 医薬研究本部 薬物探索センター
2007年 同社 医薬研究本部 開発研究センター 主席研究員
2017年 同社 パートナシップリサーチセンター リサーチマネージャー

■専門および得意な分野・研究
非臨床薬物動態、非臨床ADME、IND、NDA、PK解析、PK/PD解析

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 非臨床PK/PD解析の必要性とその解析法、および臨床開発への貢献 -解析練習を用いた実践的なPK・PD解析演習付き-
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数
※半角数字でご記載ください
同行者氏名
※1人1行でご記載ください
同行者の役職もご記入ください
勤務先名称
勤務先住所 -

都道府県


市区町村以下
部署名
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら