HOME » セミナー・研修を探す » 介護従事者の「気づき」の力を高める...

介護従事者の「気づき」の力を高める研修【仙台】

対象 看護師、介護職、その他
分野 介護技術
開催日時
会場
2018年05月18日 (金) 開始:09:30 | 終了:16:30 | 開場:09:10
会場名:フォレスト仙台
住所: 宮城県 仙台市青葉区柏木1-2-45 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 介護福祉士/介護支援専門員/認知症ケア専門士/医療法人介護事業部統括マネージャー兼グループホーム管理者
田島利子(たじま・としこ)
定員80名
主催 お茶の水ケアサービス学院株式会社
受講料 11,000円
お申し込み後(お申し込み日を1日目とします)、7日目以降のキャンセルについては、お振り込み前でも受講料の半額のキャンセル料がかかります。また、5/4 以降のキャンセルについては、受講料の全額のキャンセル料がかかりますのでご注意ください。キャンセルのご連絡がない場合は、キャンセル扱いにはなりませんのでご注意ください。
資料1 資料
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=60751

介護従事者の「気づき」の力を高める研修

◎『気づき』の基本 
 『気づき』とは/『気づき』を高める重要性/
 介護事業所で求められる『気づき』について/危険予知について/
 『気づき』を高める3つの力
◎『気づき』の力を高めるために
 利用者を知る/環境を理解する/医療の知識の必要性/
 介護の基本的な特性を理解する/経験及び情報の共有の重要性/
 『気づき』の力を高める取り組み/リスク感性を高める/演習/まとめ

利用者本位のサービスを提供するには、利用者のことを良く知ることが大切です。しかし、多忙な現場においては、利用者の思いや状況に『気づく』のは簡単なことではありません。また、忙しくても『気づける』職員がいる一方、さほど忙しくなくても『気づけない』職員がいることも事実です。職員による『気づき』の差は、サービスの質にも影響します。利用者の『訴え』、『体調の変化』、『危険な状況』を気づかずにいることで、BPSD(周辺症状-徘徊、拒否、暴言・暴力、不穏、帰宅願望等)が現れたり、病気の重度化や感染症の蔓延に至る他、場合によっては重大事故に発展してしまうこともあるかもしれません。利用者が心地よく安心して生活していくためには、個々の職員の『気づき』の力を養うことが求められます。また、『気づき』の力を高めるには、五感(味覚、聴覚、視覚、嗅覚、触覚)を働かせることとともに、高齢者領域の知識とともに経験及び情報の共有も極めて重要です。本研修では『気づき』の力の基礎となる1.洞察力(ひとつの現象で、何が起きているかを見抜く力)、2.発見力(いつもと変わらなく見える状況であっても、何か課題がないか掘り下げることのできる力)、3.自省力(自分の内面を客観的に振り返ることのできる力)を、介護の場面別(食事、入浴、排泄、移乗等)から演習等を交えて高めて参ります。是非この機会に研修にご参加いただき、職員の『気づき』の力を高めて頂きたいと思います。

講師紹介

介護福祉士/介護支援専門員/認知症ケア専門士/医療法人介護事業部統括マネージャー兼グループホーム管理者
田島利子(たじま・としこ)

日本でもモデル的なグループホームの礎をつくったグループホーム管理者。現場の業務に精通したスペシャリストで、介護現場の実情を踏まえた実践的な講義が好評。グループホームの母体が医療機関でありながら、すべて外部(母体の医療機関には頼らず)の医療機関と連携を図り、利用者の生活を支え続けている実践者。

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 介護従事者の「気づき」の力を高める研修【仙台】
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
代表者氏名ふりがな
参加代表者のお名前ふりがなをご記入ください
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数
※半角数字でご記載ください
日中ご連絡先
例)03-xxxx-xxxx
携帯電話番号
例)090-xxxx-xxxx
同行者氏名
※1人1行でご記載ください
同行者の役職もご記入ください
同行者かな
※1人1行でご記載ください
勤務先名称
勤務先住所 -

都道府県


市区町村以下
勤務先電話番号
例)03-xxxx-xxxx
勤務先FAX
例)03-xxxx-xxxx
部署名
役職
自宅住所 -

自宅電話番号
自宅FAX
例)03-xxxx-xxxx
備考
キャンセルに関して、同意していただくご必要があります。「同意する」とご記入ください。
郵便番号、住所、ご勤務先、所属など(※ご自宅の場合はご勤務先、所属は不要です)をご記入ください。
お送り先をご自宅またはご勤務先、いずれかのご指定をご記入ください。
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら