HOME » セミナー・研修を探す » リンパ浮腫へのアプローチ~複合的理...

リンパ浮腫へのアプローチ~複合的理学療法入門編~東京会場~

こちらのセミナーは、申込受付を終了いたしました。
【実技あり!】実技中心で学ぶ現場でのアプローチから患者教育まで!! リンパ浮腫に特化したクリニックに所属のPTが教えます
対象 看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、その他
分野 リハビリテーション
開催日時
会場
2018年07月15日 (日) 開始:10:00 | 終了:16:30 | 開場:09:30
会場名:東京文具共和会館(KYOWA FORUM) 3階 BC室
住所: 東京都 台東区柳橋1-2-10 東京文具共和会館(KYOWA FORUM)[地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 リムズ徳島クリニック・理学療法士
上田 亨 先生
定員60名
主催 株式会社gene
受講料 12,500円
(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=60933

ねらい

臨床でよくみられる症状の一つとして浮腫があります。
浮腫は様々な原因で生じますが、多くは下肢にみられます。
今回はその対応として現場ですぐ使える内容を中心に学びます。
浮腫をもつ患者様への対応にお困りの先生方に参考にしていただければと思います。

講義概要

複合的理学療法は、リンパ管系の機能不全によって起こる
リンパ浮腫に対して標準治療として位置づけされる治療法です。

実際のアプローチは、用手的リンパドレナージ、弾性着衣や
弾性包帯による圧迫療法、圧迫した状態での運動療法、
スキンケア(生活指導を含む)の4つの方法を組み合わせて行います。

今回は入門編として、リンパ浮腫や高齢者の廃用性浮腫などへの
対応について重要なポイントを解説します。

また実技を通じて、弾性包帯による圧迫の仕方や
リンパドレナージの基本手技を学びます。

プログラム

前半:リンパ浮腫について
   複合的理学療法について
   リンパドレナージについて
   リンパドレナージの基本手技(実技)

後半:セルフリンパドレナージの手順(実技)
   圧迫療法について
   下腿の包帯の巻き方と運動(実技)
   他の浮腫への対応

※プログラムは追加・変更になる場合があります。

必要物品

実技あり:上半身 …前腕が出せるようにTシャツ、タンクトップなど
     下半身 …大腿下腿がだせるように短パン、ハーフパンツなど
バスタオル1、2枚(ドレナージを行う際肌を出す為、身体を覆うもの)

講師紹介

リムズ徳島クリニック・理学療法士
上田 亨 先生

申込はこちらから

こちらのセミナーは、申込受付を終了いたしました。
お探しのセミナーが見つからない方はこちら