HOME » セミナー・研修を探す » 高齢者の立ち上がり・立位・歩行改善...

高齢者の立ち上がり・立位・歩行改善に繋げる下肢機能の評価と介入

対象 理学療法士、作業療法士
分野 リハビリテーション、高齢者リハビリテーション
開催日時
会場
2018年06月17日 (日) 開始:10:30 | 終了:16:00 | 開場:10:00
会場名:六地蔵総合病院
住所: 京都府 京都府宇治市六地藏奈良町9 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 喜馬病院
光田尚代先生
定員36名
主催 株式会社Work Shift
受講料 8,000円
8,000円 受講料は当日受付にてお支払ください。
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=61781

高齢者の下肢機能について学びます

高齢者の立ち上がり動作、立位動作、歩行動作の自立、改善に関する技術はリハビリテーションに関わる人にとってぜひとも獲得したい技術の一つです。

病院、通所リハビリ、訪問リハビリ、通所介護などにおける高齢者の自立支援が益々求められる社会において、立ち上がり、立位動作、歩行動作の獲得の重要性は益々増していくでしょう。

しかし、やみくもに立ち上がり練習、立位練習、歩行練習を行うことは、効果的な運動療法に繋がりません。

特に、立ち上がり、立位、歩行においては股関節・膝関節・足関節の運動学・解剖学的な特性を把握したうえで、評価や運動療法を行うことが大切です。

今回のセミナーでは、高齢者の運動療法に数多く関わり、また、膝関節の臨床研究を行っている光田尚代先生に、立ち上がり、立位、歩行動作の評価や改善に必要な高齢者の下肢機能について解説を頂きます。

高齢者の下肢機能をどのように捉えるのか?
下肢の中間関節である膝関節をどのように評価するのか?
高齢者の運動療法の結果をどのように測定するのか?
などについて臨床と研究の観点からご解説をいただきます。

高齢者のリハビリテーションに関わっているあらゆる職種の方に適したセミナーとなっており、実技も多く行うセミナーとなっています。

また、立ち上がり動作、立位動作、歩行動作の改善に向けた下肢の評価や運動療法の入門編としてもご活用いただけます。

内容
1)高齢者の下肢機能と立ち上がり・立位・歩行の関係
2)下肢機能の評価(実技)
3)下肢機能の介入(実技)

講師紹介

喜馬病院
光田尚代先生

医療法人寿山会 喜馬病院
理学療法士
介護支援専門員

2004年 喜馬病院リハビリテーション部入職
2011年 喜馬病院リハビリテーション部 課長就任

膝関節に関する臨床研究を多数発表
特に整形疾患や高齢者の膝関節のリハビリテーションに関する経験が豊かである。

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 高齢者の立ち上がり・立位・歩行改善に繋げる下肢機能の評価と介入
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数 1名
このセミナーは一回のお申し込みで1名のみお申し込みできます
勤務先名称
自宅住所 -

職業
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら