HOME » セミナー・研修を探す » 肩関節機能獲得のための目標と手順~...

肩関節機能獲得のための目標と手順~肩関節から診る拘縮肩~

臨床の進め方に「自分の形」はありますか?実技中心で進めていきます!
対象 医師、理学療法士、作業療法士、その他
分野 リハビリテーション、検査
開催日時
会場
2018年06月17日 (日) 開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:35
会場名:ララカフェ宇都宮
住所: 栃木県 宇都宮市下荒針町3473-23 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
2018年06月17日 (日) 開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:35
会場名:ララカフェ宇都宮
住所: 栃木県 宇都宮市下荒針町3473-23 [地図]
※地図は若干の誤差が生じる場合があります。詳細は主催者よりご連絡いたします。
講師 コンディショニングスタジオK
菅井 謙介
定員40名
主催 宮の会
受講料 10,000円
一般:10000円、新人7000円、学生(資格未取得者):5000円
chart
この講義は携帯モバイルサイトでも確認、申込ができますエクステンションエクステンション
http://m.meducation.jp/seminar/detail?id=62010

講義概要

-拘縮肩をスムーズに改善させるには?-

 臨床でも担当することの多い拘縮肩ですが、改善に時間がかかることも少なくありません。
リハビリを3ヶ月、半年と続けていても可動域が上がらない、痛みが取れない。。。
痛みや可動域制限の原因となる組織を絞りきれず、何をやっても変わらない。。。
もう、どうしたらいいかわからない。。。

リハビリをしながら、患者さんに申し訳ない気持ちになりますよね。
皆さんの、そんな気持ちを解消するセミナーを行います。

拘縮肩を改善させるには、制限因子を正確に特定し、原因に対しアプローチをする必要があります。
〝腋窩が硬いから〟〝肩後方のタイトネスがあるから〟
なんとなくその部位にアプローチしていては改善は見込めないと思います。

〝腋窩の何筋なのか?〟〝肩後方の何筋なのか?〟〝短縮なのか?〟
〝攣縮なのか?〟〝滑走不全なのか?〟〝関節包なのか?〟
原因となるターゲットを正確に特定し、そのターゲットの状態によってアプローチを変えなければいけません。

 また、肩関節の機能を考えると可動域を改善させる順番があると思います。
骨頭が前上方変位したまま可動域を変えることは効率的でしょうか?

骨頭が前上方変位しているということは、肩峰下のスペースが狭くなっていますので、そのままでは正常な関節運動は獲得できませんよね?
正常な関節運動が獲得できないということは、痛みに繋がります。 骨頭の前上方変位を改善させるために必要な可動域は、内転制限と1st外旋制限を改善することです。 骨頭のアライメントを正常に戻した後に、可動域を広げていきますが、次に気をつけることは何でしょうか?

屈曲0~45度までの間で、骨頭が後方に滑る動きは出ていますか?それが出ていないと、挙上に伴い骨頭が前方に変位しインピンジメントを引き起こします。 ですので、次に確認することは屈曲0~45度での内旋制限です。 後方の硬さを解消することで、骨頭の動きを改善できます。

 このように、効率よく可動域を改善しながら痛みを取るためには、可動域を広げる順番があります。
肩甲上腕関節だけでなく、肩甲胸郭関節、肩鎖関節、胸鎖関節も同様に評価とアプローチの改善手順があります。
それを知ることで、臨床での悩みを解決するひとつのヒントになると思います。


このセミナーでは、ほとんどを実技の時間に費やし、あなたが明日から実践できる状態を目指します。

実際の内容

<実際のセミナー内容>
・肩関節の機能解剖 挙上に求められる各関節の動きの確認
・肩甲上腕関節の改善手順 ・骨頭アライメント評価と改善アプローチ
・0~45度屈曲位からの内旋制限評価と改善アプローチ
・45~90度屈曲位までの挙上+外旋制限の評価と改善アプローチ
・90度屈曲位からの水平内転の評価と改善アプローチ
・外転90度までの骨頭評価と改善アプローチ
・2nd外旋・内旋制限の改善アプローチ
・肩甲胸郭関節の改善手順
・肩甲骨可動性評価 ・肩甲骨上角の可動性低下に対するアプローチ
・肩甲骨下角の可動性低下に対するアプローチ
・肩鎖関節・胸鎖関節の可動性低下に対するアプローチ  他

講師紹介

62010
コンディショニングスタジオK
菅井 謙介

宮の会スタッフ
RIOS北関東チーフ兼事務局長
RIOS野球専門トレーナー
理学療法士
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト

<帯同実績及び活動>
宇都宮リトルリーグチームトレーナー
クラシックバレエスクールトレーナー
プロ野球選手パーソナルトレーナー

野球選手へのケア、トレーニングを得意としており、その評価能力、指導力の高さからプロ野球選手のコンディショニングも経験。
自身の2度の手術やプロ野球選手への指導から、なぜ痛くなるのか、どうすれば痛みがなくなるのかを追求し投球障害をなくす活動を地元を中心に展開。Body workerとしても健康増進を地域に発信している。

申込はこちらから

初めてセミナーの参加申込をする方は、同時にユーザー登録(無料)をさせていただきます。
ユーザー登録が済むと、次回以降の参加申込が簡単になるなど、様々な便利機能が使えます。
カタカナは全角カナで入力してください。
すでにユーザ登録されている方はログインすると、入力項目を省略できます。
セミナー名 肩関節機能獲得のための目標と手順~肩関節から診る拘縮肩~
代表者氏名
参加代表者のお名前をご記入ください
メールアドレス
パスワード
※3文字以上10文字以内の英数字
職業・職種
※複数ある場合は、主なものを選択してください。プロフィールページで公開されます。
参加人数
※半角数字でご記載ください
勤務先名称
職種(学生)
経験年数(学年)
都道府県
懇親会参加の出欠(当日17:00~)
セミナー情報配信 定期的にセミナー等の開催情報などをお送りしてもよろしいですか。
はいいいえ
ユーザー利用規約
お探しのセミナーが見つからない方はこちら